あす3日(立春)は全国的に冷たい空気に覆われる。北陸から北は日本海側を中心に雪で、ふぶく所がある見込み。その先、週末にかけて、次第に気温が上昇。

●あす3日(立春) 北海道や東北、北陸は雪や吹雪 晴れる所も空気は冷たい

きのう1日からきょう2日の朝にかけて前線に伴う活発な雨雲が日本付近を通過したあと、徐々に冬型の気圧配置が強まってきました。きょう2日の午後、北陸以北では降るものが雨から雪へ変わり、冷たい西よりの風が強まるでしょう。
あす3日(水:立春)も、冬型の気圧配置が続きます。
北海道から東北(日本海側中心)と、北陸は、断続的に雪。午前を中心にカミナリを伴って強く降る所があるでしょう。沿岸部を中心に風も強く、ふぶいて見通しの悪くなることがありそうです。特に、北海道の南西部(石狩市付近)では、猛ふぶきで車の運転が危険な状況になるおそれがあります。
近畿北部と山陰は、昼頃まで雪または冷たい雨。それほど強く降ることはなさそうですが、路面の凍結には注意が必要です。
関東以西の太平洋側や九州、沖縄にかけては、おおむね晴れる見込みです。冷たい北よりの風が吹いて、気温は日中もあまり上がりません。真冬の寒さの所が多いでしょう。

●週末にかけて 次第に気温上昇 来週は北日本を中心に寒気流入

4日(木)から~7日(日)にかけて、低気圧や前線が頻繁に通過します。北日本付近を通ることが多く、北海道や東北、北陸は連日のように雪や雨が降るでしょう。低気圧に向かうように、南から暖かい空気が流れ込んでくるため、気温は日に日に高くなりそうです。特に週末はグンと上昇。北海道も0度以上の所が多くなるでしょう。東北や北陸は8度~10度くらいで、雪ではなく雨の降ることがありそうです。関東以西は15度前後の所が多く、冬のコートでは少し汗ばむほどになるでしょう。
ただ、8日(月)と9日(火)は、暖かい空気が離れ、北から寒気が流れ込みます。北海道や東北、北陸は一転して寒さが厳しくなるでしょう。気温の変動が大きくなりますので、体調を崩さないよう、お気を付けください。関東以西も風が冷たく感じられそうです。