あす29日午前4時16分頃に今年最初の満月となります。1月の満月は「ウルフムーン」とも呼ばれます。見られる所は?

●今年最初の満月

国立天文台の資料によりますと、あす29日午前4時16分頃に今年最初の満月になります。
そんな満月には英語圏で様々な呼び名があります。4月は「ピンクムーン」、6月は「ストロベリームーン」などと月ごとに呼び方が変わり、1月は「ウルフムーン」と呼ばれます。厳しい冬が続く1月に、食料が尽きてお腹を空かせたり、繁殖期を迎えたりするウルフ(狼)の遠吠えが聞こえたりすることから、ウルフムーンと呼ばれるようになったと言われています。

●各地の天気は?

例えば、東京ですと、きょうの月の出は午後4時23分、月の入りはあす29日午前7時8分です。今夜は全国で夜間を通して、月のでる所が多くなります。
今夜は北海道は晴れて、月を見られる所が多いでしょう。東北と関東は雲に覆われ、所々で雨や雪が降り、満月を見るには、あいにくの天気でしょう。北陸から山陰、九州北部も雲が広がり、雪や雨が降りそうです。甲信越や東海、近畿中部・南部、四国、九州南部は晴れたり、曇ったりの天気で、雲の隙間から丸い月を見られる所があるでしょう。夜は各地冷え込みますので、万全な寒さ対策をして、観察なさって下さい。
満月の時刻になると見られる場所に変化がありそうです。

真ん丸の月が見られるあす29日の明け方は北海道や東北、北陸から山陰は雲に覆われ、雪が降るでしょう。一方で、関東から九州南部では大体晴れて、月を見られる所が多くなりそうです。
なお、あす29日の夜も太平洋側はおおむね晴れて、ほぼ真ん丸の月を見られるでしょう。