関東は、きょうは内陸部を中心に気温がグンと上がりましたが、あすは一転してこの時期本来の寒さに。その先も、気温の変動が大きい。

●あす28日(木) 春から冬へ 夕方以降は雨や雪の所も

きょうの関東地方は、南から暖かい空気が流れ込み、気温が上昇。内陸部を中心に15度を超えた所が多く、4月並みに。
あすは暖かい空気が離れます。昼頃にかけて晴れ間がありますが、最高気温は8度前後の予想。真冬らしい寒さとなるでしょう。風もやや強めに吹きますので、マフラーや手袋があると良さそうです。
夕方からは、気圧の谷の影響で厚い雲に覆われ、沿岸部を中心に冷たい雨が降るでしょう。雪のまじる所もありそうです。

●その先も 気温が上がったり下がったり 特に土曜日は寒さが厳しく

あさって29日(金)から30日(土)にかけて、気温は平年並みか低い所が多い予想。特に、30日(土)は北風が強まって、体感温度がグッと下がり、厳しい寒さとなるでしょう。群馬や栃木の山沿いは雪で、降り方の強まる所もありそうです。
31日(日)は、穏やかに晴れて、寒さが和らぐでしょう。2月1日(月)から2日(火:節分)は、北日本を通過する低気圧の間接的な影響で一時的に雨が降りますが、南風が吹いて、3月中旬~4月上旬並み並みの暖かさとなりそうです。3日(水:立春)には冷たい北風に変わって、北部ほど気温が低くなるでしょう。
この先も寒暖の変化が大きく、体調管理に注意が必要です。日々の服装選びは慎重になさってください。