あす28日夕方以降、九州から北海道では、雪や風が急速に強まり、海上は大しけとなる見込み。30日にかけて日本海側を中心に大雪となる恐れ。猛ふぶきや高波にも警戒が必要。

●あす28日夕方以降 日本海側で風雪が強まる

あす28日からあさって29日にかけて、低気圧が急速に発達しながら日本海を東進し、北日本へ進む見込みです。このため、あす28日夕方以降、九州北部から北陸にかけて雪を伴った風が非常に強くなり、海は大しけとなるでしょう。湿った雪が電線に着雪することで、停電が発生することも予想されます。いざという時に備えて、懐中電灯の電池や携帯電話の充電器などを準備しておくと安心です。
30日にかけて、上空に強い寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置となる見込みです。北陸や東北、北海道にかけて、日本海から断続的に雪雲が流れ込み、日本海側を中心に局地的な大雪となる恐れがあります。山沿いだけでなく、平地でも積雪となり、太平洋側でも雪の積もる所があるでしょう。大雪や暴風雪、高波に警戒が必要です。

●30日にかけて大雪に警戒

あす28日夕方以降、九州北部から北陸、東北、北海道にかけて雪と風が強まる見込みです。
あす28日18時から29日18時までの24時間の予想降雪量は、いずれも多い所で、東海地方(岐阜県の山地)で60から80センチ、北陸地方で50から70センチ、北海道地方・東北地方・関東甲信地方・近畿地方で30から50センチ、中国地方で20から40センチです。
その後、30日18時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、北陸地方で60から80センチ、東北地方・関東甲信地方・東海地方(岐阜県の山地)で40から60センチです。
日本海側の山沿いを中心に局地的な大雪となり、日本海側の平地や太平洋側でも積雪となる所がありそうです。大雪による交通への影響に警戒し、なだれや着雪にも十分注意してください。

●沿岸部を中心に猛ふぶき

28日から29日にかけて、発達する低気圧の影響で沿岸部を中心に非常に強い風が吹いて、猛ふぶきとなる恐れがあります。
28日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、中国地方で23メートル(35メートル)、北陸地方・九州南部で22メートル(35メートル)、近畿地方・九州北部地方で20メートル(30メートル)です。
また29日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道地方で25から29メートル(35から45メートル)、東北地方・北陸地方・近畿地方・中国地方・九州北部地方で20から24メートル(25から35メートル)です。
雪を伴って、看板が落下するほどの非常に強い風が吹くため、かなり見通しが悪くなりそうです。車の運転はいつも以上に慎重になさってください。