気象庁はきょう(4日)、「東京地方で木枯らし1号」が吹いたと発表しました。東京地方では一昨年(2018年)、昨年(2019年)は木枯らし1号は吹かず、3年ぶりの発表になりました。

4日は本州付近は西高東低の冬型の気圧配置になり、東京地方では未明に季節風が強まりました。
東京では本日4日、午前3時26分に、最大瞬間風速15.8メートル(西北西)を観測しました。
きょう4日、気象庁は、「東京地方で木枯らし1号」が吹いたと発表しました。
東京地方では、一昨年(2018年)、昨年(2019年)は条件と満たさず、発表がありませんでした。

●木枯らし1号の条件(東京地方)

東京地方の木枯らし1号の条件は、次の通りです。
◆期間:10月半ばから11月末の間。
◆気圧配置が西高東低の冬型となり、季節風が吹くこと。
◆東京における風向が西北西~北である。
◆東京における最大風速が、おおむね風力5(風速8メートル以上)。(ただし、発表は最大瞬間風速)