この先は日本付近に秋雨前線が停滞し、4連休にかけてぐずつく所が多いでしょう。17日(木)から18日(金)は九州から東北にかけて暑さが戻り、真夏日の所が多くなりそうです。

●4連休にかけて雨も

この先は秋雨前線の影響を受けやすいでしょう。九州から東海は、きょう15日(火)の晴れ間もつかの間、あす16日(水)は雲が多く、午後は次第に雨の降る所がありそうです。関東甲信や東北も曇りや雨、北海道は昼頃まで大気の状態が不安定で、局地的に激しく降る見込みです。17日(木)は九州付近に前線が停滞し、暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。局地的に雨脚が強まりそうです。18日(金)から4連休初日の19日(土)にかけてすっきりしない所が多いでしょう。4連休の後半は前線が南に離れ、西日本を中心に晴れる所が多くなりそうです。

●再び真夏日多く 猛暑日に迫る所も

この先は朝晩はだいぶしのぎやすくなるものの、日中は真夏の暑さが戻る日もありそうです。特に17日(木)から18日(金)は九州から東北にかけて再び30度くらいまで上がり、真夏日の所も多い見込みです。湿度も高く蒸し暑いでしょう。関東甲信の内陸部では猛暑日に迫るほどの所もありそうです。19日(土)も暑さが残りますが、20日(日)になると真夏日の所はぐっと減り、ヒンヤリ感じられる所もありそうです。暑くなったりヒンヤリ感じられたりと体感も日々変化しそうです。季節の変わり目ですので、体調を崩さないようにご注意ください。