きょうの天気のポイントは2つ。1つは、九州から東北で局地的に雷が鳴り滝のような雨が降ることです。特に雨が強い時間帯は、九州や中国・四国では午前中、東海や関東甲信・東北の太平洋側では午後でしょう。もう1つのポイントは、関東から北では昨日より涼しくなりますが、北陸など猛烈な暑さの所もあるということです。大雨だけでなく、服装選びにも注意が必要です。

●九州~東北で雨雲や雷雲が発達 原因は? ピークは?

12日土曜も、九州~東北は、大気の状態が、非常に不安定でしょう。原因は、本州付近に停滞する「秋雨前線」と、南から本州に近づいてくる「熱帯低気圧」です。
このため、九州~東北では、局地的に雷を伴って、非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。「非常に激しい雨」とは、滝のような雨で、傘は全く役に立たなくなり、車の運転は危険なレベルです。
特に雨が強まる地方は、九州や中国・四国と、東海や関東甲信・東北の太平洋側です。雨のピークは、秋雨前線がかかる九州や中国・四国では午前中、熱帯低気圧が近づく東海や関東甲信・東北の太平洋側では午後になりそうです。
13日午前6時までの24時間に予想される降水量は、いずれも多い所で、東北地方・伊豆諸島・東海地方・四国地方・九州南部で150ミリ、関東甲信地方で120ミリ、中国地方・九州北部地方で100ミリとなっています。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。
また、近畿や北陸、東北の日本海側でも、雨や雷雨の所がありますので、お出かけの時に雨が降っていなくても、傘をお持ちになると安心です。竜巻などの激しい突風や落雷、降ひょうにも、十分お気を付けください。

●上流のゲリラ豪雨(局地的な大雨)を知るには

ゲリラ豪雨(局地的な大雨)によって、危険な状態になるのは、自分のいる所に雨雲がかかる場合だけではありません。川の上流でゲリラ豪雨(局地的な大雨)が発生すると、雨が降っていない下流でも、被害が発生するおそれがあります。
上流のゲリラ豪雨(局地的な大雨)を知るための注意点は3つ。1つめは、川の水かさが急に増えること、2つめは、川の水が濁ること、3つめは、木の枝などが流されてくることです。また、サイレンはダムを放流する合図なので、川のそばにいて、サイレンを聞いた場合も、必ず川から離れてください。

●関東から北は涼しく 北陸は猛烈な暑さの所も

12日土曜の最高気温は、関東から北では、昨日ほど上がらないでしょう。東京は、6日ぶりに真夏日から解放されそうです。お出かけの際は、服装選びにお気を付けください。
一方、北陸では、新潟県内など、気温が35℃近くまで上がる所もあるでしょう。9月も中旬ですが、まだまだ暑さで体調を崩さないよう、注意が必要です。