きょう(9日)は9月とは思えないような暑さが続く中で、上空には冷たい空気が流入。雨雲が発達しやすくなり、近畿から東北では天気の急変に注意。局地的には滝のような非常に激しい雨に。

●暑さと急な雨に注意

きょう(9日)天気の急変に注意が必要なエリアは、近畿から東北です。お出かけの時に晴れていても、雨具をお持ち下さい。
急な雷雨や非常に激しい雨の降る原因は、暖かい空気と上空の寒気です。日差しのある所では、気温がぐんぐん上がり、関東甲信などの内陸を中心に35度くらいまで上がる所があるでしょう。一方、上空6000メートル付近にはマイナス6度以下という冷たい空気が流れ込みます。地上と上空の気温差が大きくなるため、雨雲が急速に発達するでしょう。
午後になると近畿から東北のあちらこちらで、発達した雨雲がかかる予想です。内陸を中心に1時間に30ミリ以上の「激しい雨」や1時間に50ミリ以上の「非常に激しい雨」が降るでしょう。アッという間に道路が冠水するくらいの雨の降り方になりそうです。落雷や竜巻などの激しい突風が吹くおそれもあります。空模様の変化に十分注意して下さい。
【予想降水量】あす10日午前6時まで(多い所)
東海 120ミリ
関東甲信、東北 80ミリ

●九州は天気回復へ 全国的に厳しい暑さ

午前6時現在、沖縄と九州、四国などでは、所々で雨が降っていて、海上を中心に雨雲が発達しています。沖縄は夕方にかけて雨が降りやすいでしょう。九州では次第に天気が回復しますが、四国は断続的に雨が降りそうです。中国地方も変わりやすい天気で、日差しがあってもにわか雨に注意して下さい。
最高気温は全国的に30度以上の真夏日の所が多いでしょう。
北海道は日本海側を中心に晴れて、札幌は日中の気温が30度を超える予想です。きのうよりもやや低いですが、平年よりも大幅に高い気温で、体にこたえる暑さになるでしょう。こまめに水分をとり、適切に冷房を使うなど、熱中症対策を十分にしてお過ごし下さい。