大型で非常に強い台風10号は、眼がくっきりしていて、勢力の強さを表しています。今後、猛烈な勢力に発達して沖縄や奄美に接近。台風から離れた関東甲信でも局地的に滝のような非常に激しい雨が降り、大雨に警戒が必要です。

●内陸中心に 雨雲が発生

きょう(5日)も関東甲信は大気の状態が不安定です。原因は暖かく湿った空気。台風から離れていても、日本付近には台風周辺や高気圧のフチを回る暖かく湿った空気が流れ込むため、雨雲や雷雲が発達しやすくなっています。
関東甲信は、午前11時頃から山沿いで雨雲が湧き始めました。午後になってからは局地的に雨雲が発達して、関東北部や山梨県などでは雷が鳴っている所もあります。
夕方以降は、平野部にも雨雲がかかりそうです。

●今夜 雨雲広がる

関東甲信ではきょう(5日)の夜遅くにかけて、山沿いを中心に雨の降り方が強まる所があるでしょう。土砂災害や落雷、突風などに注意が必要です。
今夜にかけては山沿いだけでなく、平野部にも雨雲が広がりそうです。局地的にバケツをひっくり返したような「激しい雨」が降り、関東北部や長野県は滝のような「非常に激しい雨」が降りそうです。しかも天気の悪化が急なため、アッという間に道路が冠水することも考えられます。雷の音が聞こえる、急に冷たい風が吹くなどしたら、天気急変のサインです。屋外にいる場合は、建物の中に入るなど安全な場所に移動しましょう。
あす(6日)も雨雲の発達しやすい状況が続きますので、空模様の変化に注意して下さい。