近畿地方では、台風10号の影響で6日(日)から7日(月)にかけて、南部を中心に大雨となる恐れがあります。また、太平洋沿岸ではうねりを伴った高波に警戒が必要です。7日を中心に風も強まるでしょう。

●南部を中心に激しい雨の恐れ

大型で非常に強い台風10号は、午後4時現在、南大東島の南約110キロの海上を、時速15キロの速さで北西に進んでいます。中心の気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルとなっています。台風は、あす6日は特別警報級の勢力で奄美付近に最も接近し、あさって7日午前中にかけて九州に接近または上陸する恐れがあります。
台風の北上に伴って、あす6日は近畿地方に南東から暖かく湿った空気が流れ込むため、紀伊半島南東側を中心に雨が降るでしょう。あさって7日は南から湿った空気が流れ込むようになり、中部や南部を中心に広い範囲で雨が降る見込みです。あすからあさってにかけて、大気の状態が非常に不安定となるため、局地的に雷を伴った激しい雨の降る恐れがあります。南部を中心に大雨となる恐れがあり、場合によっては警報級の大雨となる可能性もあります。台風情報をよく確認して、雨の降り方に十分注意をしてください。

●海岸付近には近づかない

近畿地方の太平洋沿岸では、すでに台風10号からのうねりが届き、波が高くなっています。このあと南部を中心に、うねりを伴った波がさらに高くなり、あす6日夜遅くからあさって7日にかけてはうねりを伴って大しけとなる見込みです。高波に警戒してください。海岸付近には絶対に近づかないようにしてください。

●7日(月)は交通機関に影響の出る可能性も

7日(月)は、近畿地方の中部や南部の海上を中心に南風が非常に強く吹く見込みです。暴風となる可能性もあります。月曜日は交通機関に影響の出る可能性がありますので、時間に余裕をもって行動するようにしてください。