あす5日は、台風により関西の上空が東風に変わり、晴れ間が出るでしょう。再び猛暑になる所が多い見込みです。6日から7日にかけては、台風周辺の湿った空気の影響で南部を中心に大雨になる恐れがあります。

●5日土曜日は強い日差しと猛暑復活

5日土曜日は、台風10号が日本の南の海上を西北西に進む予想で、関西の上空の風の流れが東に変わる見込みです。東風に変わると、関西では湿った空気が流れ込みにくくなります。このため晴れる所が多いでしょう。強い日差しを受けて、日中は34度前後まで気温が上がる所が多く、平年のこの時季の気温に比べると5度ほど高くなる見込みです。特に大阪では気温が上がりやすい気圧配置となりますので、体調管理に注意をしてください。また、午後は山沿いを中心に夕立の可能性があるため、天気の急変にもお気をつけください。

●6日夜から台風10号の影響で南部は大雨の恐れ

台風10号が北上するにつれ、関西周辺の風向きが南寄りに変わってきます。6日夜から再び台風周辺の非常に湿った空気が流れ込み、7日にかけて紀伊半島周辺で大雨になる見込みです。台風の進路によっては、雨の降る位置や降り方が変わってくるため、最新の情報で確認するようにしてください。