台風10号は、急速に発達しながら日本の南海上を北上しています。6日(日)から7日(月)かけて、奄美地方から九州は特別警報級の勢力で接近または上陸するおそれがあります。台風による甚大な被害が予想されますので、今のうちから台風に対して最大級の備えを行って下さい。

●台風10号の進路と特徴

非常に強い台風10号は、日本の南海上で台風の目が鮮明になり、急速に発達しながら北上しています。あす5日(土)夜は大東島地方、6日(日)午前は沖縄本島地方や奄美地方に猛烈な勢力で最接近する見込みです。そして、6日(日)午後から7日(月)にかけて勢力を維持したまま、九州へかなり接近または上陸するおそれがあります。
奄美地方から九州は台風本体の非常に発達した雲がかかるため、暴風や大雨、高波、高波に最大級の警戒が必要です。
おだやかなきょうのうちに、台風に対してできる限りの最大級の備えを行って下さい。

●奄美や九州南部 6日から暴風域に

6日(日)から奄美地方や九州南部は暴風域に入るおそれがあります。予想される最大瞬間風速は、奄美地方は70メートル~85メートル、九州南部は55メートル~70メートル、九州北部も7日(月)は50メートルを超えるような猛烈な暴風が吹くおそれがあります。
暴風により電線が切れて長時間の停電や、ガラス窓の破損などが予想されます。また、最大瞬間風速が60メートル以上の風が吹くと、一部の住宅が倒壊したり、車の横転、電柱の倒壊、倒木などが起こるおそれがあります。

●記録的な大雨も

台風10号の北上に伴い、高温多湿な空気が流れ込むため、九州や奄美地方はあす5日(土)から断続的に広い範囲で雨が降る見込みです。九州北部付近には秋雨前線も延びるため、雨雲が発達しやすくなるでしょう。6日(日)から7日(月)は台風本体の活発な雨雲がかかり、各地で雨量がかなり多くなる見込みです。
7日(月)にかけて予想される雨量は、九州や奄美地方の多い所は600ミリに達し、災害に直結するような記録的な大雨になるおそれがあります。

●高波や高潮も警戒

海上は、きょう4日から九州南部や奄美の海上はうねりが入り波が高くなる所があります。あす5日(土)以降は、奄美や九州南部の海上から大しけやしけとなり、6日(土)~7日(日)は猛烈にしけてくる所がある見込みです。
また、潮位が高い時期の台風が接近するため、気圧の低下による吸い上げ効果と暴風による吹き寄せ効果で、記録的な高潮になるおそれがあります。沿岸や河口付近の低い場所は急激な潮位の上昇による浸水や冠水に警戒が必要です。

●台風が接近する前に、最大級の備えを

ハザードマップで、自宅周辺の土砂災害警戒区域や浸水想定区域などを確認し、土砂災害や洪水、高潮のおそれがある地域では、事前に安全な場所への避難を考えておきましょう。
暴風によって長時間の停電や断水も想定されますので、懐中電灯や携帯ラジオ、電池の準備、携帯電話の充電器、非常食や水の確保などの準備しておきましょう。
また、家の周囲を点検して飛ばされやすいものを固定したり、屋根や窓の補強など早めに行っておきましょう。風や風が強まってからでは屋外で作業をするのは危険です。おだやかなきょうのうちに、台風に対して最大級の備えをしておきましょう。
なお、台風の進路や勢力、接近するタイミングは今後、変わる可能性がありますので、こまめに最新の台風情報を確認して下さい。