きょう4日、全国的に大気の状態が不安定。あちらこちらで雨雲やカミナリ雲が湧いてくる。台風10号は、非常に強い勢力となっており、今後さらに発達する予想。

●今朝 東北日本海側で猛烈な雨 晴れている所も急な雨に注意 関東周辺は猛暑

きょう4日は、日本海に前線が延び、次第に陸地へ近づきます。この前線や、南から流れ込む暖かく湿った空気の影響で、大気の状態は不安定です。
今朝は、特に東北の日本海側で局地的に雨が強まっています。レーダーの解析で、午前5時40分までの1時間に山形県酒田市南部付近で約100ミリ、午前6時までの1時間には同じく山形県の遊佐町付近で約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表されました。山形県に加え、秋田県でも、これまでの雨で地盤のかなり緩んでいる所があり、土砂災害に厳重な警戒が必要です。
日中から夜にかけて、全国的に雨雲やカミナリ雲が湧きやすい状況に。お出かけの際に晴れていても、急な強い雨に備えて雨具を持っておくと安心です。落雷が発生する所もありそうですので、ヒンヤリした風が吹いてきたり、ゴロゴロッという音が聴こえてくるといった、カミナリ雲接近のサインに気を配ってください。
最高気温は南から北まで多くの所で30度以上の予想。きょうは、40度を超える所はなさそうですが、それでも厳しい残暑です。東海や関東甲信越、東北南部では35度前後まで上がる所があるでしょう。引き続き、熱中症対策を心がけてください。

●台風10号 午前3時に非常に強い勢力に このあとさらに発達

非常に強い台風10号は、きょう4日午前6時現在日本の南にあって、西北西へ進んでいます。中心の気圧は950hPa、中心付近の最大風速は45m/sです。今後、さらに発達して、6日までには猛烈な勢力(中心気圧は915hPa)となり、沖縄や奄美、九州へ近づいてくる見込みです。
沖縄は、大東島地方を中心にあす土曜日から日曜日、奄美と九州は日曜日から月曜日に大荒れの天気となり、外出が極めて危険な状況になるおそれがあります。台風の進路から少し離れた四国や本州の太平洋側も高波に警戒が必要で、台風周辺の湿った空気の影響で大雨になる所がありそうです。
気象情報を十分に確認し、おすまいの地域でどのような災害の危険があるかを想定したうえ、比較的穏やかなきょうのうちに出来る限りの対策をなさって下さい。なお、特に沖縄や奄美、九州では、大規模な停電が発生するなど生活への影響が長引くことも考えられますので、持ち出し品や非常食などは多めに用意しておくと良さそうです。