東北地方は前線や暖かく湿った空気の影響で、大気の状態が非常に不安定となっています。午後も所々で非常に激しい雨や雷雨となるでしょう。局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨の降る恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒して下さい。また、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうにも注意が必要です。

●1時間に100ミリ以上 猛烈な雨が降った所も

午前中は山形県や秋田県、青森県の津軽を中心に活発な雨雲がかかりました。山形県の酒田市南部付近や遊佐町付近、秋田県の羽後町付近、青森県の弘前市付近では1時間に100ミリ前後の雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。これは数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を観測・解析した時に発表します。また、13時現在、青森県や秋田県、山形県の一部に大雨や洪水の警報が発表されています。これまでの雨で地盤のかなり緩んでいる所がありますので、夕方にかけては土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒して下さい。

●13時現在 福島県で落雷を観測

午前中に日本海側で猛烈な雨を降らせた活発な雨雲は北へと抜けましたが、東北地方は所々で雨雲が沸いてきているような状況です。13時現在、福島県などで落雷を観測しています。

●午後は太平洋側でも天気の急変に注意

このあと、太平洋側でもあちらこちらでにわか雨や雷雨があるでしょう。急に真っ黒い雲が近づいてきたり、雷の音が聞こえてきたり、急に冷たい風が吹いてきたりすると、天気急変のサインです。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物の中に移動するなど、安全確保に努めてください。