台風9号は、3日15時、中国東北区で温帯低気圧に変わりました。ただ、日本列島には、次の台風10号が迫っていますので、まだまだ台風対策が必要です。

●台風9号 温帯低気圧に変わりました

8月28日15時に、フィリピンの東で発生した台風9号(メイサーク)は、海面水温の高い海域を、比較的、ゆっくりした速度で北上し、一時、「大型」で「非常に強い」勢力まで発達しました。台風9号は、沖縄を経て、九州の西の海上を北上し、9月3日3時には朝鮮半島に上陸しましたが、3日15時に中国東北区で、温帯低気圧に変わりました。

●次は 台風10号に警戒

ただ、日本の南には、次の台風10号が迫ってきています。台風10号は、9号に似た進路をとる可能性がありますが、9号よりも発達して「特別警報級」の勢力まで発達する予想です。この後は、台風10号に、警戒が必要です。