現在、日本のはるか南海上にある台風10号は、今後急速に発達しながら北上し、四国には非常に強い勢力で7日の明け方頃に最接近する見通しです。
四国では、6日から7日にかけて、大荒れの天気になる恐れがあります。

●台風10号の警戒・注意すべき期間

【雨の予想】
四国地方では、台風からの暖かく湿った空気や前線の影響で、台風の接近前から雨が降りやすくなり、明日、明後日は太平洋側を中心に時々強い雨が降ることもあるでしょう。6日昼頃から7日午前中にかけては、台風の接近に伴い暖かく湿った空気の流れ込みが強まる影響で、太平洋側を中心に非常に激しい雨が降る見込みです。南東側に開けた斜面では、雨雲が発達しやすくなるため、特に大雨に警戒が必要です。
【風の予想】
5日昼頃になると、高知県の沿岸部で強い風が吹き出し、次第に愛媛県南予や徳島県南部でも風が強まるでしょう。6日午前中から7日昼頃にかけては、沿岸部を中心に広範囲で非常に強い風が吹く恐れがあり、強風のピークは6日夜遅くから7日朝の時間帯となりそうです。特に、台風からの距離が近い、愛媛県中予・南予、高知県西部では、車が横転したり看板が飛ばされたりするほどの暴風が吹く恐れもあるでしょう。
【高波の予想】
海上では、明後日にはうねりを伴い波が高くなるでしょう。6日から7日にかけては、太平洋側を中心に大しけとなる見込みです。沿岸部では、越波による浸水や交通への影響が出る恐れがあるため、警戒が必要です。
【高潮の予想】
四国地方では、台風の接近時間帯と重なる、6日午後から7日午前中にかけての満潮時に、高潮が発生する恐れがあります。台風の進行方向右側に入ることから、非常に強い南寄りの風による吹き寄せ効果の影響で、南側に開けた湾や沿岸部、河口付近は特に潮位が高くなる可能性があります。これら地域では厳重に警戒してください。

●台風の接近前に万全の備えを

四国地方では、6日日曜日には大荒れの天気となる予想ですので、台風への備えは5日土曜日の日中までに済ませておきましょう。
ハザードマップ等により危険箇所を確認し、お住いのエリアで災害の発生が予想されている場合には、台風の接近前に避難場所へと移動してください。また、防災用品の準備や確認をしておくなど、いざという時のための備えもお願いします。