関東地方は大気の状態が不安定で、雨雲が次々と発生しています。雨雲は南風にのって都市部へどんどん流れ込んでいます。東京都心は所々でにわか雨があり、神奈川県や千葉県でも急な雨に注意が必要です。

●雨雲が次々発生中

関東は南から暖かく湿った空気が流れ込んでいて、あちらこちらに雨雲がかかっています。東京都心も、朝から雨が降ったりやんだり。晴れたかと思えばまた雨が降るといったような、変わりやすい天気になっています。
きょうは今夜にかけて所々に雨雲がかかり、雷が鳴るでしょう。ただ、雨が降ったとしても雨の降る時間は短く、雨の範囲も狭い見込みです。お帰りの時間帯、傘をさして移動することをためらうような、急な強い雨に遭遇した場合は、ちょっと雨宿りをしてしのぐのも一つの手です。

●急な雨に遭遇したら

雨の降る時間が短かったとしても、ザっと雨脚が強まることもあります。万が一、激しいにわか雨、いわゆる『ゲリラ豪雨』に遭遇してしまったら、まずビルなどの頑丈な建物に避難してください。ただ、頑丈な建物に避難しても、雨水が流れ込んでくる『地下道や地下スペース』に逃げるのは、かえって危険な場合があります。頑丈な建物の2階以上に、一時的に避難して下さい。
また、携帯電話やスマートフォンのアプリなどで現在の雨雲や、今後の雨の見通しを確認しましょう。雨が落ち着いたタイミングを見計らって、移動することもできます。