台風9号の接近に伴い、九州では2日から3日にかけて大荒れの天気に。一方、本州の南には熱帯低気圧があり、次第に台風へと発達する予想。

●あす2日~3日 台風9号接近で九州は大荒れ

あす2日(水)から3日(木)にかけて、台風9号は沖縄・奄美から遠ざかり、九州へ近づくでしょう。
九州は、2日昼頃から次第に暴風が吹き、沿岸部では看板が飛ばされるほどになりそうです。海は猛烈なシケとなるでしょう。雨も強まり、道路が一気に冠水するような非常に激しい雨の降るおそれがあります。大荒れの天気は「2日の夕方から深夜」をピークに、3日まで続くでしょう。
中国・四国から関東にかけても、台風周辺の湿った空気や、東にある高気圧周辺から流れ込む湿った空気の影響で大気の状態が不安定。雨雲やカミナリ雲が発達するでしょう。特に四国では雨の量が多くなり、風も強く吹きそうです。
北陸から北も所々でにわか雨があるでしょう。
なお、4日には台風9号が中国大陸へ進み、次第に温帯低気圧へ変わる見込みです。

●新たな台風発生へ 週末にかけて動向に警戒

台風9号が温帯低気圧になる頃には、本州の南から次の台風が北上してきそうです。
発達の度合いや進路等についての詳細な予想は、現時点では難しい状況です。ただ、日本の東に中心をもつ高気圧の縁に沿うように進めば、今週末には、西日本を中心に大きな影響が出てくる可能性があり、今度の動向に警戒が必要です。このtenki.jpでも情報を更新していきますので、参考になさってください。