台風9号は非常に強い勢力で9月1日(火)の未明から明け方に沖縄本島地方に最接近する予想です。記録的な暴風が吹き荒れ、過去最大級の高潮となる恐れがあります。

●台風9号の動向

台風9号は非常に強い勢力で9月1日(火)の未明から明け方に沖縄に最接近する予想です。沖縄は大荒れの天気でしょう。2日(水)も非常に強い勢力を保って、東シナ海を北上する予想です。九州も非常に強い風が吹いて、荒れた天気となる恐れがあります。3日(木)以降は朝鮮半島へ進み、4日(金)に中国大陸で温帯低気圧に変わる予想です。

●沖縄は厳重な警戒を

沖縄は、まず暴風に厳重な警戒が必要です。31日(月)夜から暴風となり、9月1日(火)はさらに風が強まり、一部の住家が倒壊する恐れもある猛烈な風の吹く所があるでしょう。沖縄本島地方では最大瞬間風速70メートルが予想されており、記録的な暴風となる恐れがあります。(那覇市であれば、1956年9月8日に観測された最大瞬間風速73.6メートルが過去最も強い風です。)頑丈な建物の中に移動し、屋内では窓から離れるようにして下さい。次に、厳重な警戒が必要なのが、高潮です。本島中南部では過去最大級の高潮となり、海岸の低地で浸水や冠水の恐れがあります。
また、沖縄には台風の雨雲がすでにかかっており、9月1日(火)にかけて多い所で1時間に80ミリの猛烈な雨が降る見込みです。土砂災害や河川の増水、氾濫、低い土地の浸水に警戒が必要です。海上は猛烈なしけとなる恐れがあり、海岸付近には近づかないで下さい。

●九州も警戒を

奄美も31日(月)の夜から非常に強い風が吹くでしょう。海上は猛烈にしける見込みです。9月1日(火)昼過ぎからは局地的に非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。不要不急の外出は避けて下さい。
九州も9月2日(水)頃は非常に強い風が吹くでしょう。海上は猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなる恐れがあります。また、九州や四国には台風周辺の湿った空気が流れ込み、所々で雨雲が発達するでしょう。局地的な大雨に注意が必要です。