台風9号は今夜(31日)には非常に強い勢力に発達。9月のスタートは、沖縄で猛烈な風と猛烈な雨に。晴れる九州から東海は、9月に入っても猛烈な暑さに見舞われそう。十分な熱中症対策を。

●1日 未明から明け方 沖縄本島地方に最接近

大型で強い台風9号はきょう(31日)午後3時現在、那覇市の南の海上にあって、1時間に約35キロの速さで北北西に進んでいます。今夜には「非常に強い」勢力に発達して、沖縄に近づくでしょう。
台風が最接近する時間は、沖縄本島地方はあす(1日)未明から明け方にかけて、宮古島地方と八重山地方はあす(1日)未明とみられます。沖縄は今夜(31日)から、奄美はあす(1日)の朝から雨や風が強まるでしょう。あすは猛烈な雨と猛烈な風の吹く所があり、大荒れの天気となりそうです。
あす1日、予想される最大風速(最大瞬間風速)は、沖縄本島地方で50メートル(70メートル)。
那覇では、統計開始以来1位となる最大風速は49.5メートル、最大瞬間風速は73.6メートルです。これまでに経験したことのないような風の吹くおそれがあります。暴風やうねりを伴った高波、高潮に厳重に警戒して下さい。
九州南部も次第に風が強まり、夜は広く雨が降るでしょう。こまめに気象情報を確認して、明るいうちに台風への備えをして下さい。

●九州から東海で猛暑日の所も

九州北部や中国・四国、近畿、東海、北陸は晴れて、猛烈な暑さが続くでしょう。あす(1日)の最高気温は35度前後の所が多く、福岡や熊本、京都、名古屋などは37度くらいと、体温並みの暑さになりそうです。9月に入っても、こまめな水分補給や冷房の使用など、熱中症対策が必要です。
関東や東北、北海道は、この時期らしい暑さの所が多いでしょう。ただ、関東と東北の太平洋側は雨が降ったりやんだりで、真夏のような暑さは収まりそうです。