今日(30日)の北海道は気温が上がらず、午後3時時点での最高気温は9月下旬から10月中旬並みの地点が多くなっています。午後3時までに道内で最も低い最高気温は十勝地方のぬかびら源泉郷の11.0度となっています。今日午後3時までの富士山の最高気温は12.7度となっており、このまま気温が上がらなければ富士山より低い最高気温ということになりそうです。

●8月に最高気温が11度以下は2002年以来18年ぶり

今日の北海道は、上空に寒気が流れ込んだ影響で気温の上がり方が鈍く、午後3時時点での最高気温は軒並み9月下旬から10月中旬並みと、かなりひんやりとした一日となっています。午後3時までに道内で最も低い最高気温は十勝地方のぬかびら源泉郷で11.0度となっており、10月下旬並みです。
ぬかびら源泉郷では一昨日(28日)の最高気温が30.5度で、最高気温が30度以上の真夏日となっており、日々の気温の差が非常に大きくなっています。
このまま気温が上がらなければ、8月に道内で最高気温が11度以下にとどまるのは2002年8月22日に網走地方の斜里町宇登呂で10.5度を記録して以来、18年ぶりのこととなります。

●富士山より低い最高気温に 8月としては23年ぶり

また、今日午後3時までの富士山の最高気温は12.7度で、ぬかびら源泉郷では富士山より最高気温が低くなっています。
8月に富士山より最高気温が低いことは珍しく、道内でアメダス整備が進んだ1978年以降では過去4回しかありません。
このまま気温が上がらなければ5回目で、1997年8月19日に最高気温が釧路地方の釧路町知方学で12.8度、富士山で13.8度を観測して以来23年ぶりのこととなります。