台風9号の影響で、沖縄では31日(月)から9月1日(火)にかけて暴風や大雨、高潮に警戒が必要です。九州から近畿も1日(火)から3日(木)にかけて、大荒れや大雨の恐れがあります。台風が熱帯産の空気をもたらす一方で、一時的に秋の空気が北から関東付近まで覆う見込みです。

●台風9号 31日(月)~9月1日(火)に非常に強い勢力で沖縄に接近の恐れ

台風9号は、29日(土)15時、フィリピンの東でほとんど停滞しています。台風は、今後北上し、31日(月)から9月1日(火)にかけて、沖縄地方に接近する見込みです。台風が進む沖縄の南から東シナ海にかけての海面水温は30℃くらいです。一般に、台風は、海面水温が27℃以上で勢力を維持または発達するといわれています。今のところの予想では、沖縄地方に接近する頃に発達のピークを迎え、非常に強い勢力になります。

沖縄では沖縄本島地方と先島諸島では、暴風となり、沖縄本島地方では猛烈な風が吹くでしょう。31日(月)に予想される最大瞬間風速は、沖縄本島地方40~60メートル、宮古島地方35~45メートル、八重山地方と大東島地方25~35メートルです。暴風に厳重に警戒して下さい。
31日(月)から9月1日(火)にかけて大雨の恐れもあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して下さい。
また、台風の接近と大潮の時期が重なるため、沖縄本島地方では31日(月)から9月2日(水)にかけて潮位が高くなる見込みです。海岸や河口付近の低地での高潮による浸水や冠水に警戒が必要です。

台風9号は、その後、勢力を維持したまま、東シナ海を北上し、次第に進路を東よりにとる可能性があります。9月1日(火)から3日(木)にかけて、九州から近畿でも大荒れや大雨の恐れがあります。最新の気象情報をご確認下さい。

●台風がもたらす熱帯産の空気 でも北から一時的に秋の空気に覆われる

台風は暖かい空気を運んでくるため、九州から近畿では、9月3日(木)頃にかけて、最高気温は35℃前後の所が多いでしょう。
一方で、オホーツク海では高気圧が南への張り出しを強めます。このため、北海道から関東にかけては、次第に北からの涼しい秋の空気に覆われるでしょう。最高気温は、北海道では30日(日)は20℃に届かない所が多く、10月中旬並みの所もある予想です。東北は31日(月)から9月1日(火)を中心に30℃に届かず、関東でも9月1日(火)から2日(水)を中心に30℃くらいと、平年並みになる所が多い見込みです。秋の空気ではあるものの、乾いた爽やかな空気ではなく、東の海上から湿った空気が流れ込むため、曇りや雨のくずついた天気になる所が多いでしょう。北海道や東北の太平洋側や関東の沿岸の地域を中心に風が強めに吹き、体感的には実際の気温より低く感じられるかもしれません。ただ、この秋の空気は一時的です。台風がさらに北上するとともに、関東から北海道にかけても、次第に南からの暖かい空気に覆われるでしょう。週末には真夏のような暑さになる所がありそうです。