29日の最高気温は、九州から東北南部にかけて35℃以上の所が多く、埼玉県鳩山町では38.7℃となりました。一方、北海道では日中の気温は20℃に届かない所がありました。

●九州~東北南部35℃以上の猛暑日 北海道には季節を分ける前線停滞

29日は、本州付近は南から暖かい空気に覆われました。15時までの最高気温は、全国で最も高かったのは、埼玉県鳩山町で38.7℃でした。次いで大分県日田市で38.5℃、大阪府豊中市と岡山県高梁市で38.2℃などとなり、九州から東北南部にかけて35℃以上の猛暑日になった所が多くなりました。
夏の空気と秋の空気の境となる前線は、北海道に停滞しています。
北海道でも、前線の南にあたる地域では、最高気温は30℃以上の真夏日になった所があり、函館市で32.7℃、室蘭市で31.8℃と、いずれも今年最も高くなりました。一方、前線の北側にあたる地域では、最高気温は午前中に観測された所が多く、正午の気温は、稚内市で16.9℃、旭川市で19.4℃など、20℃未満の所がありました。

●秋の空気 火曜~水曜を中心に関東まで

前線は、ゆっくり南下するでしょう。31日(月)には、東北でも最高気温は30℃に届かない所が多くなる見込みです。関東でも9月1日(火)から2日(水)を中心に、最高気温は30℃くらいと、一時的に平年並みになる所が多いでしょう。
ただ、東海から九州には秋の空気は届かず、35℃前後の日が続く所が多い見込みです。