きょう28日(金)の九州は、湿った空気の影響で、所々で雨や雷雨になり、局地的に激しく降る見込みです。不安定な天気ですので、急な激しい雨や落雷などにご注意下さい。また、8月最後の週末は晴れて厳しい残暑に。来週は新たに台風が九州へ近づく可能性があります。最新の気象情報にご注意下さい。

●不安定な天気 一時激しい雨も

きょう28日(金)、九州は高気圧の周辺部の湿った空気と上空の寒気の影響で、大気の状態が不安定になっています。九州の西海上から長崎県付近はまとまった雨雲が広がり、活発な雨雲も伴っています。長崎県は断続的に雨が降り、五島地方は昼前まで一時非常に激しい雨が降る所があるでしょう。九州その他の所も所々で雨や雷雨になり、局地的に激しく降る見込みです。
きょうは不安定な天気ですので、急な強い雨や激しい雨、落雷などにご注意下さい。

●8月最後の週末は、厳しい残暑

8月最後の週末の29日(土)~30日(日)は、高気圧が強まり、九州は各地で日差しが増えて、厳しい残暑になるでしょう。最高気温が35度以上の猛暑日が現れて、九州北部の内陸部は37度から38度台と体温を超える暑さになる所もあるでしょう。熱中症に警戒して下さい。

●来週は新たな台風北上

現在、フィリピンの東海上で熱帯低気圧が発生しており、あすには台風に発達する見込みです。台風は、来週31日(月)に沖縄や奄美地方へ接近し、その後、9月1日(火)から2日(水)は東シナ海を北上する可能性があります。台風はまだ九州へどの程度近づくかはっきりしませんが、九州にかなり近いところを北上すると大きな影響がでるおそれがあります。最新の気象情報を確認して下さい。
9月は本格的な台風シーズン。過去にも9月は台風による甚大な災害が多く発生しており、台風に対して万全の備えをしておきましょう。