土日は北海道で大雨の恐れがあり、日曜日からは、沖縄や奄美で大荒れの天気となる可能性があります。土日も「猛烈な暑さ」の続く所が多いので、引き続き熱中症にも警戒が必要です。

●土日 北海道で大雨の恐れ 関東から西は夕立に注意

29日土曜日と30日日曜日頃は、前線がかかるため、北海道は、広い範囲で雨が降るでしょう。前線に向かって、南から「台風8号由来の、暖かく湿った空気」が流れ込む予想で、「暖かく湿った空気」は大雨のもとになります。このため、前線の活動が活発になった場合、北海道では、局地的に激しい雨が降り、大雨になる恐れがあるのです。
雨どいや側溝を掃除しておくなど、大雨への備えは、早めにしておくのがおススメです。前線の位置が少しずれるだけで、大雨のエリアが変わってきますので、レーダーなどで、最新の気象情報を確認してください。
一方、関東から西は、土日とも晴れる所が多いでしょう。ただ、午後は、山沿いを中心に、突然の雨や雷雨に注意が必要です。お出かけには、晴雨兼用の傘があると良さそうです。

●日曜日から 沖縄・奄美は 次の台風の影響か

30日日曜日頃からは、荒れた天気のエリアが、南へ移るでしょう。30日の予想天気図をみると、南の海には「次の台風」が予想されています。この影響で、沖縄・奄美では、30日日曜日から風が強まって、1日火曜日にかけて大シケや大荒れとなり、台風の進路によっては大雨となる恐れもあります。最新の台風情報を確認するとともに、台風への備えは、なるべく早く行ってください。
九州から東北も、来週は雨の降りやすい日が多いでしょう。洗濯など、この土日の日差しを、有効にお使い下さい。

●土日も 広い範囲で「猛烈な暑さ」 8月末なのに体温超えも

そして「猛烈な暑さ」は、この土日も続く所が多いでしょう。最高気温は、東京では土日とも35度くらいの予想です。大阪は、30日日曜日は38度まで上がり、体温を超える暑さになりそうです。東海から九州は、来週もまだ35度近い日がありますので、厳しすぎる残暑で、体調を崩さないよう、お気を付けください。
一方、気温の変化が大きいのは、北海道です。札幌では、29日土曜日は真夏日の予想ですが、その後は一時的に「秋の空気」が流れこんでくるので、日曜日以降は最高気温が20度前後と、急に涼しくなるでしょう。ただ、このままスムーズに秋へと向かうわけではなく、来週の後半は、また暑くなってきそうです。羽織る物を用意するなど、服装で上手に調節してください。