太平洋高気圧の勢力が強く、南から暖かい空気が流れ込んでいる影響で、北陸地方は厳しい残暑が続いています。この厳しい残暑は来週後半にかけて続く恐れがあり、熱中症や農作物などの管理に注意・警戒が必要です。

●あすも猛暑 熱中症に厳重に警戒を

あす28日(金)も太平洋高気圧が勢力を強め、北陸地方を広く覆う見込みです。朝から強い日差しが照りつけ、日中は各地で35度以上の猛暑日の所が多くなるでしょう。新潟県の長岡市では37度予想と、体温を超えるような危険な暑さになりそうです。夜間も気温は下がらず、最低気温は各地で25度以上の熱帯夜になるでしょう。
意識してこまめな水分補給、汗をかいたら塩分も忘れずに補給しましょう。日中だけでなく夜間も適切に冷房などを使用し、暑さ疲れをできるだけ軽減するよう心がけてください。
また、強い日射と湿った空気の流れ込みで、午後は山沿いで大気の状態が不安定になる見込みです。局地的なにわか雨や雷雨にも注意してください。

●台風8号は温帯低気圧へ 土日も厳しい残暑

台風8号は今夜には中国東北区で温帯低気圧に変わる見込みです。あす以降は前線を伴いながら日曜日にかけてゆっくり北日本へ近づくでしょう。
土日は湿った空気が流れ込みやすい新潟を中心に雲が広がりやすく、雨の降る所があるでしょう。雲が広がることで猛暑は落ち着きますが、それでも広く真夏日、福井では日曜日にかけて35度以上の猛暑日が続く見込みです。

●厳しい残暑いつまで? 高温に関する情報も

きょう27日14時30分、北陸地方に「高温に関する早期天候情報」が発表されました。北陸地方では9月2日頃からの約5日間、暖かい空気が流れ込みやすく、気温が平年より高い日が多く、かなり高くなる可能性があります。再び猛暑日になる恐れもありそうです。
厳しい残暑が長引き、熱中症の危険が高まりますので、屋外ではなるべく日陰を利用するなど無理をせず、もうしばらく日中と夜間ともに熱中症に注意してください。また、農作物や家畜の管理にも十分注意が必要です。