28日金曜日も西・東日本は急な雨や雷雨に注意。台風8号が運ぶ「暖かく湿った空気」の影響で、土日は北日本で大雨の恐れがあります。週末以降、北日本では涼しくなりますが、一時的です。危険な暑さは、来週も続く所があり、まだまだ熱中症にも注意が必要です。

●28日金曜日 西・東日本 天気の急な変化に注意

28日金曜日も、西・東日本の太平洋側を中心に、大気の不安定な状態が続くでしょう。晴れマークでも、天気が変わりやすく、所々で雨や雷雨となりそうです。落雷や突風、急な強い雨に注意が必要です。
真っ黒い雲が近づいてきたり、ゴロゴロと聞こえたり、急に冷たい風が吹いてきたりしたら、カミナリ雲が近づいているサインです。まもなく、激しい雨と雷がやってきて、竜巻などの激しい突風が起きる恐れもあります。なるべく急いで、安全な場所に避難してください。

●台風8号 温帯低気圧に変わっても 油断禁物

29日土曜日と30日日曜日は、西・東日本は広く晴れてきますが、今度は、北日本で大雨の恐れがあります。
大雨の原因は、台風8号が運んでくる「暖かく湿った空気」です。台風8号は、温帯低気圧に変わって、中国大陸を北上する予想ですが、温帯低気圧に変わっても、油断はできません。元・台風ということは、熱帯育ちの「暖かく湿った空気」を運んできます。このため、北日本付近で、「暖かく湿った空気」と「冷たい空気」がぶつかると、前線の活動が活発になり、大雨をもたらす恐れがあるのです。最新の気象情報に、ご注意ください。

●来週 まだ「危険な暑さ」の所も

この先1週間は、まだ「危険な暑さ」にも注意が必要です。最高気温は、西・東日本では31日月曜日頃にかけて、35度前後まで上がる所が多いでしょう。大阪は29日土曜日に38度、福岡は29日土曜日に37度、名古屋は31日月曜日に37度まで気温が上がると予想されています。東京でも、31日月曜日頃までは最高気温が35度前後の日が続く予想です。まだまだ、万全な熱中症対策が欠かせません。
一方、北日本では、この週末、秋の涼しさを感じられるでしょう。札幌の最高気温は、28日金曜日は33度ですが、30日日曜日と31日月曜日は20度に届かない予想です。昼間も羽織る物がないと、ヒンヤリするでしょう。ただ、この涼しさは一時的で、来週後半は、北日本でも、また暑くなりそうです。気温の変化が大きくなってきますので、体調を崩さないよう、十分お気をつけください。