この先も猛烈な暑さに警戒が必要です。西日本や東日本は35℃前後の暑さの日が多いでしょう。一方、北日本は週末以降、秋の気配も。また、台風8号とは別に南の海上には台風のたまごともいえる熱帯低気圧が発生する予想です。

●厳しすぎる残暑

九州や四国は28日(金)頃まで湿った空気の影響で雨が降るでしょう。中国、近畿から東北は30日(日)頃まで大体晴れそうです。北海道は前線の影響で、29日(土)と30日(日)は雨が降りそうです。31日(月)以降は全国的に雲が広がりやすくなり、九州や四国では広く雨が降るでしょう。
曇りや雨の日もありますが、厳しい残暑は続きます。九州から東海、北陸にかけてはこの先1週間も最高気温は35℃くらいまで上がる日が多く、猛烈な暑さが続くでしょう。関東は30日(日)まで35℃前後まで気温が上がり、厳しい残暑ですが、31日(月)以降は30℃くらいと猛烈な暑さは和らぎそうです。東北や北海道は気温の変化が大きくなりそうです。目先は厳しい残暑ですが、30日(日)は北海道では最高気温が20℃くらいで、涼しくなるでしょう。

●またも台風のたまご

非常に強い台風8号が黄海に向けて北上していますが、台風8号とは別に今後、南の海上に台風のたまごともいえる熱帯低気圧が発生する予想です。今のところ、この熱帯低気圧は8月末に沖縄付近を進み、東シナ海へと進む可能性があります。
まだ、この熱帯低気圧が台風に発達するか、どのような進路になるかは、はっきりしません。ただ、この海域の海面水温は広く30℃前後と高く、熱帯低気圧が発達しやすい状況となっています。この熱帯低気圧の動向によって、沖縄や奄美では荒れた天気となる恐れがあります。
台風シーズンに入っています。今後も最新の台風情報にご注意下さい。