きょう(8月25日)、高松地方気象台から最新の3か月予報が発表されました。9月~11月にかけては、暖かい空気に覆われやすいため、気温は平年より高くなる予想となっています。今夏は、記録的な猛暑となっていますが、本格的な秋の訪れは例年より遅くなりそうです。

●秋晴れは平年に比べ少なく

高松地方気象台から発表された「月別の天候」は以下の通りとなっています。
【9月】
南からの湿った空気の影響で、平年に比べ晴れの日が少ないでしょう。
【10月】
天気は数日の周期で変わりますが、前線や南からの湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べ晴れの日が少ないでしょう。
【11月】
平年と同様に晴れの日が多いでしょう。
以上から、9月から10月にかけては、湿った空気の影響を受けやすく、すっきりしない天気の日が多くなりそうです。秋らしい爽やかな晴天を満喫できるのは、だいぶ先になるかもしれません。

●秋は強い勢力の台風に用心

過去に四国地方へ上陸した台風のうち、中心気圧の低い順に見てみると、9月に上陸したものが上位5番目までに4つを占めています。これは、日本近海の海水温が、9月に最も高くなりやすいことが大きな要因の一つで、また、9月は太平洋高気圧の勢力が東へ後退し、台風が四国付近へ近づきやすいコースを進むことが多くなります。
そして、秋の台風は動きが速いことが多く、その速さは車で走るくらいに相当します。秋になると、偏西風が日本海南部まで南下してくるので、台風がこの風に押し流されて動きが速くなるためです。
また、秋台風は急に加速することがあるため、台風が接近すると予想されている地域では、常に台風の動きに注意し、早め早めの対策を講じる必要があります。
本格的な台風シーズンを迎える前に、台風に対する備えをしっかりとしておきましょう。