東北地方は今週も残暑が続きます。秋田市や福島市で34度の予想も。夜も気温が下がりにくく、熱中症には引き続き注意が必要です。

きのう23日(日)は二十四節気のひとつ「処暑」。暦のうえでは暑さの収まる頃ですが、今年はまだ残暑が続いてしまいそうです。今週の暑さの特徴は日本海側ほど気温の高い傾向が続くことです。その原因のひとつが台風です。
きょう24日(月)正午現在、久米島の北北西約130kmにある強い台風8号は、今後北寄りに進路を変えて北上する見込みです。東北付近ではあす25日(火)以降、太平洋高気圧が強まるため台風は近づくことができず、台風の直接の影響はないでしょう。ただ、高気圧に覆われて晴れる日が多いことや、台風に向かって流れ込む蒸し暑い空気が、熱風となって山を吹き降りる日本海側を中心に、厳しい残暑になる見込みです。
最高気温は各地で平年を3度~5度くらい上回る日が多い見込みです。特に、秋田市はあさって26日(水)と27日(木)に34度が予想されます。 秋田市はすでにきょうから気温が高く、午後1時までの最高気温は33.7度と今年最も高くなっています。今週は今年一番の暑さを更新する可能性があり、台風の動きが遅いため暑さも長引きそうです。台風が北上する今週後半は、各地で最低気温も25度前後の所が多く、夜も寝苦しくなりそうです。
今週もこまめな水分補給や休憩を心掛けて、熱中症には十分注意をなさってください。