きょう22日も関東周辺から九州にかけて突然の雨に注意。きのうよりも多くの所で雨雲が湧いてきそう。一方、沖縄の南には熱帯低気圧があり、今後、台風へと発達しながら北上する予想。

●午後はあちらこちらで雨雲やカミナリ雲が発達

きのう21日の午後は、気温の上昇や、南からの湿った空気の影響で所々でカミナリ雲が発達しました。
きょう22日は、上空の寒気の影響も加わるため、大気の状態がいっそう不安定になりそうです。
九州から関東にかけて、きのうよりも多くの所で雨や雷雨となるでしょう。お出かけの時に晴れていても、急に降ってくる強い雨や、落雷、突風に注意が必要です。冷たい風が吹いてくる、空が暗くなる、ゴロゴロッという音が聴こえてくる、といった、天気急変のサインに気を配ってください。落雷により停電が発生する可能性がありますので、備えをしておくと安心です。また、激しい雨の降る所もあり、道路が冠水するなど交通に影響が出ることも考えられます。
なお、北陸や東北も日差しがありますが、午後は主に山沿いで雨や雷雨。雨脚の強まる所もあるでしょう。一方、東北北部は午前を中心に所々で雨。北海道はおおむね晴れる見込みです。

●沖縄は強風・高波に注意 熱帯低気圧が次第に台風へ発達

日本から南に離れた海上には熱帯低気圧があり、台風へと発達しながら沖縄に近づく見込みです。
きょうは、石垣島など先島諸島で次第に風が強まり、波が高くなるでしょう。また、雨や雷雨で、午後は滝のような非常に激しい雨の降る所がありそうです。あす23日から24日にかけては、先島諸島に加えて本島地方も風と雨がともに強まり、荒れた天気となりそうです。
熱帯低気圧から変わる台風の動向によっては、25日頃からは九州をはじめ、さらに多くの所に影響が出るおそれもあり、今後の情報に注意が必要です。

●猛烈な暑さが続く

きょうも、関東から西の広い範囲で気温が35度くらいまで上がるでしょう。北陸や東北南部は30度~33度くらい、東北北部や北海道でも内陸を中心に30度前後まで上がる所がありそうです。きょうも、熱中症対策を万全にしてお過ごしください。