19日、午前中は穏やかだった関東ですが、午後は南風が強まります。夜は雨が降り出し、雨脚の強まる所も。特に夜9時以降は発達した雨雲がかかりやすくなるでしょう。

●穏やかな晴天が一転・・・

きょう19日午前11時現在、関東地方は広く日差しが降り注いでおり、気温はすでに18℃前後まで上がっています。ただ、西から前線を伴った低気圧が近づき、天気は下り坂です。夕方以降は雲が増えて、夜になると南部を中心に雨の降りだす所があるでしょう。

●夜は雨雲が発達 雨のピークは

特に発達した雨雲がかかりやすいのは、千葉県、神奈川県、東京都です。帰宅時間にザーザー降りの雨となる所もあるでしょう。雨のピークは夜9時頃から深夜0時頃にかけてです。局地的には雷が鳴ったり、どしゃ降りとなったりしそうです。千葉県南部ではバケツをひっくり返したように激しく降ることもあるでしょう。低気圧の位置によっては、発達した雨雲がさらに内陸部にも広がる可能性がありすので、豪雨レーダーや雨雲の動きをこまめにチェックするとよさそうです。

●南風が強まる 体が濡れやすい雨に

また、午前中は比較的穏やかでしたが、午後は南風が強まります。沿岸部では風にあおられて転んでしまいそうなくらい強い風が吹くでしょう。屋外にある看板などが倒れることが考えられます。風に飛ばされやすいものは、早めに室内に入れるか、しっかり固定しておきましょう。雨が降り出すと、降り方がそれほど強くなくても、横なぐりの雨となって体が濡れてしまいそうです。雨に濡れて体を冷やさないよう、お気をつけください。