あす19日(木)は午前中を中心に晴れて、4月下旬から5月並みの暖かさに。あさって20日(金・春分の日)は全国的に風が強まり、春の嵐になりそうです。特に北日本では暴風や猛吹雪、吹き溜まりで荒れた天気になるでしょう。

●あすの天気

あす19日(木)は昼頃まで広く晴れるでしょう。日中の気温はきょう18日(水)よりもさらに高くなり、全国のアメダスの3割近くで最高気温が20度以上になりそうです。5月下旬並みの暖かさになる所もあるでしょう。ただ、前線を伴った低気圧が本州の南と日本海をそれぞれ東に進むため、九州から関東の太平洋側は夕方から、北陸と東北・北海道は日本海側を中心に夜遅くになると雨の降る所がありそうです。帰宅時間が遅くなる方は雨具をお持ちになったほうが良いでしょう。沖縄は断続的に雨が降り、雷を伴う所がありそうです。

●あさって以降の週間天気

あさって20日(金・春分の日)にかけて低気圧が発達し、北海道や東北を中心に荒れた天気となりそうです。北海道では猛吹雪や吹き溜まりで交通機関に影響が出る所もあるでしょう。東北も暴風や大荒れ、大しけとなりそうです。関東から九州も南風が強まり、春の嵐となるでしょう。21日(土)は日本海側では雨や雪の降る所がありますが、太平洋側はおおむね晴れる見込みです。22日(日)には大陸から本州の南に前線が延びて、九州や四国などで雨が降りそうです。連休明け23日(月)から24日(火)は広く晴れる見込みです。