関東甲信でも山沿いを中心に積雪が一気に増えました。長野市では、朝9時までは積雪は0センチでしたが、午後1時には8センチまで増えました。

●善光寺も雪景色

きょう16日(月)は、関東甲信でも山沿いを中心に雪が降っています。きょう長野県長野市にある善光寺を訪れた方の話によると、午前8時半ごろから雪が降りだし、昼過ぎにかけてボタン雪が降っていたということです。長野市では朝の通勤の時間帯は積雪は0センチでしたが、午後1時には8センチまで積雪が一気に増え、午後4時現在も6センチと、スニーカーやヒールでは雪で埋もれて濡れてしまうほどとなっています。長野市では5センチ以上の積雪はおよそ1か月振りのことです。

●積雪数センチから一気に20センチに

また群馬県草津町では午前6時までは3センチだった積雪が、一気に20センチまで増えました。群馬県みなかみ町藤原でもたった4時間ほどで積雪が15センチ前後も増えています。

●火曜の朝 路面凍結に注意

関東甲信の雪は次第におさまり、あす17日(火)は朝から晴れる見込みです。ただ、朝の最低気温は山沿いでは氷点下まで下がる見込みですので、路面が凍結するおそれがあります。車の運転や歩く際には十分お気をつけください。