16日(月)にかけて、日本付近の上空に強い寒気が流れ込むでしょう。九州から東北の広い範囲で、大気の状態が非常に不安定。落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうに注意が必要。16日(月)も日中は空気が冷たいが、週後半は春本番の陽気に。

●16日(月)の天気 空模様の変化に注意 折りたたみの傘を

16日(月)にかけて、本州の上空5,500メートル付近に氷点下36度の強い寒気が流れ込みます。この寒気は真冬並みです。
九州から東北の広い範囲で、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうに注意してください。
九州から関東は晴れ間があっても、変わりやすい天気です。九州から近畿は昼過ぎにかけて、東海や関東、北陸は、夕方にかけて、あちらこちらでにわか雨やにわか雪があり、雷が鳴ることもありそうです。中国地方や近畿地方では、山地を中心に昼前にかけて大雪となる所があるでしょう。また、北陸では夜にかけて大雪のおそれがあり、東海地方や甲信地方の平野部でも雪の降る所があるでしょう。大雪や積雪による交通機関への乱れにご注意ください。
東北は日本海側を中心に雪が降り、ふぶく所もありそうです。北海道は日差しがありますが、雪雲のかかる所があるでしょう。

●16日(月)の気温 空気ヒンヤリ 厚手のコートで

15日(日)の最高気温は、14日(土)よりも高くなった所が多くなりました。ほとんどの所で、この時期らしい気温になりましたが、関東は平年よりまだ低く、日中も空気が冷たいままでした。
16日(月)の最高気温は、15日(日)と同じくらいの所が多くなります。九州から関東は13度前後、北陸や東北は7度くらい、北海道は2度前後の予想です。また、午後は北よりの風が強まって、よりいっそう空気がヒンヤリしそうです。お出かけの際は、厚手のコートの方が良さそうです。

●暖かくなるのはいつ?

今月に入っても、寒気が一時的に入ることが多く、気温の変化が大きい日が続いていました。来週末からは3月下旬に入り、ますます春らしくなってきます。来週後半は、九州から関東で最高気温が20度くらいまで上がる所があるでしょう。
14日(土)は、全国トップをきって、東京で桜が開花しました。そのほかの所でも、桜の開花が続々と発表されるかもしれません。