15日(日)夜から16日(月)は、日本海側は雪が降る見込みです。雲が発達しやすく、竜巻など激しい突風が発生する恐れがあります。太平洋側も急な雨や雷雨があるでしょう。

●15日(日)夜~16日(月)朝 真冬並みの寒気流入 日本海側は雪

15日(日)は、低気圧が日本海を東へ進む見込みです。低気圧は、16日(月)朝にかけて北陸に近づくでしょう。15日夜から16日朝にかけて、上空5500メートル付近でマイナス36度以下の寒気が、北陸まで南下する見込みです。真冬並みの寒気で、日本海側を中心に大気の状態が不安定になるでしょう。
15日(日)は、東北から中国地方の日本海側では、午後は次第に雨が降り、標高の高い所は雪になる見込みです。夜から日本海側の雨は平地でも雪に変わる所が多くなるでしょう。所々でカミナリが鳴り、雪の降り方が強まる見込みです。

●太平洋側で急な雷雨も

15日(日)は、太平洋側も安定した晴れとはならないでしょう。東北の太平洋側は、夜は雪の降る所がある見込みです。関東や東海も午後を中心に、所々で雨や雷雨があるでしょう。近畿の太平洋側や四国、九州は、夕方以降は、急にカミナリが鳴り、雨の降る所がある見込みです。山沿いでは雪の降る所があるでしょう。
カミナリ雲の下では、竜巻などの激しい突風が発生することがあります。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、頑丈な建物の中など、安全な場所に移動してください。

●16日(月)夜にかけて雲が発達しやすい状態続く

16日(月)は、低気圧が日本の東を発達しながら北東へ進み、日本付近は冬型の気圧配置になるでしょう。日本海側を中心に大気の不安定な状態が続く見込みです。
東北から九州にかけて北風が強まり、荒れた天気になる所があるでしょう。日本海側の雪や雨は、午後は次第に止む所もありますが、雲が発達しやすい状態が続きます。急にカミナリを伴って雪や雨が降る所があるでしょう。竜巻などの突風が発生することも考えられます。雪や雨が一旦止んでも、屋外での活動は注意が必要です。北陸付近では、夜にかけても雨や雪が降り続くでしょう。山沿いを中心に積雪が増える見込みです。
太平洋側でも、天気の急変に注意が必要です。晴れ間が出ていても、にわか雨や雷雨の所があるでしょう。