北海道付近を通過中の前線の影響で、昨日(9日)から今朝(10日)にかけて道南方面を中心に雨や風が強まり荒れた天気となりました。現在、活発な雨雲は東進中で、札幌など道央や道南方面では晴れ間が出てきました(写真は今朝の札幌市内の様子)。この嵐のあと、来週はようやく季節が進みそうです。

●このあとの雨は?

昨日(9日)から今朝(10日)にかけて前線の通過により南東風が強まり、胆振中部や石狩南部などで局地的に大雨になりました。降りはじめ(9日3時)から今朝(10日9時)までの雨量は、白老町森野や登別市カルルスで200ミリを超え、支笏湖畔でも150ミリ近くに達しています。大雨で地盤が緩んでいますので、天気が回復しても土砂災害に注意が必要です。現在、前線に伴う活発な雨雲は道東方面へ進み、釧路や根室地方では雨脚の強まっている所がありますが、午後には活発な雨雲はぬけ雨のやむ地域が多くなりそうです。ただ、前線の通過後は風向きが西よりに変わるため、稚内など道北では今日日中も雨の降る時間がありそうです。

●来週はいよいよ初雪か

明日(11日)以降も日本海側を中心に雨の降る日が多く、火曜日から水曜日頃にかけては平地でも雪を降らせるくらいの強い寒気が流れ込む見込みです。稚内や旭川、札幌、網走など日本海側やオホーツク海側では遅れていた初雪の便りがようやく届きそうです。冬支度はこの週末のうちに済ませるようにしましょう。また、来週は最高気温でも1ケタ、朝晩は氷点下となる地域もあるなどかなり寒くなります。体調など崩さないようにして下さい。