今週末の東北地方は、台風や大雨を気にすることなくお出かけを楽しめるでしょう。東北地方の山々では【紅葉】が見頃を迎えているところがあり、宮城県の沿岸地域では【東北・みやぎ復興マラソン2018】が行われ、東北地方のグルメも同時に楽しめます。

●あす13日(土)紅葉狩り日和

西から移動してくる高気圧に覆われて、日中は晴れるところが多いでしょう。夜は高気圧の中心が北海道の東海上に移動する影響で、雲が増えてきそうです。ただ、天気の崩れはなく、夜にかけても雨具は必要ないでしょう。青森県の岩木山、秋田県や岩手県に広がる八幡平、山形県と宮城県にまたがる蔵王、福島県の安達太良山など、青空に紅葉が映えそうなので紅葉狩りにもおすすめです。
その他の紅葉見頃スポットは、tenki.jpで御確認ください。

●あさって14日(日)マラソンにも最適

高気圧が東海上に離れ、湿った空気が流れ込むでしょう。東北地方では、13日(土)より雲が多くなるものの、日中は日差しもあり、穏やかな天気が続く見込みです。フルマラソンが行われる【東北・みやぎ復興マラソン2018】開催地周辺でも、風が強まることはなく、景色を楽しみながら気持ちよく走れそうです。東北地方のグルメが集まった会場もあり、マラソンに参加しない方も楽しめます。東日本大震災から7年7か月経過した沿岸地域に是非いらしてみませんか。

●今週末13日~14日の気温

県庁所在地では、最高気温は19度前後、最低気温は10度前後の予想で、この時期らしい気温になるところが多いでしょう。標高1500メートルくらいのところは、平地より8度から10度近く気温差がありますので、紅葉狩りなどで標高の高いところへいく場合は、服装には注意してくださいね。朝晩と日中との気温差が大きく、日が落ちると急速に空気が冷えてきそうです。マラソンや運動会に参加した後は着替えをするなど、風邪を引かないようお気をつけください。また、13日(土)の朝は内陸部を中心に霜の降りる可能性があります。農作物の管理にもご注意ください。