14日(土)は東京都心の最高気温は35度、大阪は37度で体温並みの気温がしばらく続く予想です。京都では15日(日)は38度、広島は15日(日)と16日(月)は35度、岡山は15日(日)は37度、松山は14日(土)と15日(日)は35度の予想です。

●あすの天気

西日本や東日本は高気圧に覆われる見込みです。午後は内陸を中心に大気の状態が不安定になるでしょう。北日本付近は気圧の谷の影響を受ける見込みです。
沖縄は強い日差しが照りつけるでしょう。九州は青空が広がる見込みです。午後は内陸で急な雨や雷雨がありそうです。激しく降ることもあるでしょう。四国は多少雲が広がる程度で大体晴れる見込みです。中国地方、近畿も晴れる時間が長いでしょう。午後は所々で雷雲が発生し、激しい雨が降ることがありそうです。北陸は雲が広がりやすく、朝晩は雨の降る所があるでしょう。東海は日中は晴れ間が広がる見込みです。関東は朝まで雨が降る所があるでしょう。昼間は次第に雲は少なくなりそうです。東北は北部を中心に雨が降り、昼頃まで雷を伴って激しく降る所があるでしょう。北海道も日中を中心に雨が降る見込みです。午前中は道南で雷が鳴る所があるでしょう。
最低気温は沖縄は26度くらい、九州から関東は20度以上で25度を下回らない熱帯夜となる所もある予想です。夜の熱中症にもご注意下さい。東北は20度前後、北海道は15度前後の所が多い予想です。
最高気温は沖縄、九州から東海は30度以上で、内陸では35度以上となる所がある予想です。関東も多くの所で30度以上、北部では35度近くまで上がる予想です。東北南部は多くの所で30度以上の予想です。東北北部は25度前後、北海道は20度前後の予想です。

●あさって以降 猛烈な暑さに警戒

14日(土)は西日本から東日本は引き続き高気圧に覆われる見込みです。
梅雨明けしている沖縄、九州から関東は夏真っ盛り、強い日差しが照りつけるでしょう。最高気温は30度を超えるどころか、大阪は37度、名古屋は36度の予想で体温並みになるでしょう。東京都心は35度の予想で、今年初めての猛暑日になるかもしれません。気温の上昇で午後は大気の状態が不安定になり局地的に、にわか雨や雷雨の可能性があります。東北南部も大体晴れるでしょう。最高気温は30度を超える所が多い予想です。東北北部や北海道は雲が多いながらも晴れ間があるでしょう。最高気温はほぼ平年並みで25度前後の予想です。
15日(日)以降も西日本から東日本は勢力の強い高気圧に覆われる見込みです。北日本付近を気圧の谷がゆっくり通過するでしょう。
沖縄、九州から関東は夏空が続く見込みです。夏らしく、急に雲が発生、発達し、一時的に雷が鳴り雨が降ることがあるかもしれません。猛烈な暑さが続きます。夜も気温は下がりにくいでしょう。冷房を適切に使用するなど熱中症や体調管理に十分注意して下さい。
東北や北海道は雲が広がりやすいでしょう。北海道では15日(日)から16日(月)にかけて雨が降り、まとまった雨量になりそうです。最高気温は平年より高い日が続く予想です。