この先、日本付近は高気圧に覆われる日が多いでしょう。ただ、週の中頃は低気圧や前線が日本の南を通るため、太平洋側を中心に曇りや雨。そして週末の日本付近は気温の上がる「南高北低」となる見込みです。

●清々しい陽気から初夏の陽気へ

16日(月)は、前線を伴った低気圧は日本の東へ離れ、西から次第に高気圧に覆われる見込みです。西日本や東日本は晴れ間が戻り、日中はこの時期らしく、清々しい陽気になるでしょう。ただ、北日本では低気圧の影響が残り、雪や雨の降る所がありそうです。17日(火)から18日(水)は、日本の南を低気圧や前線が通過するため、西日本や東日本の太平洋側を中心に曇りや雨の所が多いでしょう。ただ、強く降ることはなさそうです。北日本はおおむね晴れるでしょう。19日(木)は、日本付近は高気圧に覆われて、全国的に晴れる見込みです。各地で初夏を思わせるような陽気になるでしょう。

●週末は夏のような暑さに

20日(金)から22日(日)にかけて日本付近は、南高北低の気圧配置となり、安定した天気が続く見込みです。このため、広い範囲で晴れるでしょう。ただ、春の暖かさから一転、季節を先取りしたような暑さとなりそうです。関東、東海から西では、夏日になる所が多いでしょう。特に、21日(土)と22日(日)は、最高気温は一気に30度近くまで上がり、真夏日一歩手前になる所がありそうです。まだ、体は急な暑さに慣れていないので、こまめに水分補給をするなど、暑さ対策が必要になるでしょう。また、日差しも強くなりますので、お出かけの際は紫外線対策も万全になさって下さい。