今週の関東地方はたびたび風が強まりそう。水曜日と週末は交通機関への影響にも注意が必要です。

●水曜日は強風に注意

今週の関東地方は、たびたび風が強まりそうです。あさって水曜日(11日)は、本州付近を気圧の谷や前線が通過する見込み。上の予想天気図を見ると、関東付近は等圧線の間隔が狭くなっているのがわかります。この間隔が狭いほど気圧の傾きが大きいことをあらわしていて、風は、気圧の傾きが大きいほど強く吹きます。
先週の金曜日(6日)も、関東付近で等圧線の間隔が狭くなり、風が強まって列車や道路などの交通機関に影響が出た所もありました。あさって水曜日(11日)も関東では風が強まりそうです。沿岸部を中心に風速15メートルくらいの強い風が吹いて、列車のダイヤが乱れるなど影響が出るかもしれません。風速15メートルくらいの風が吹くと、その風に向かって歩くのが困難に感じるほどになります。新年度も始まったばかりで、通勤や通学の道のりに慣れていない方もいらっしゃると思いますので、時間に余裕を持った行動をなさってください。

●週末は横なぐりの雨も

今週末(14日~15日)は、低気圧が発達しながら本州付近を通過する見込みです。関東はふたたび等圧線の間隔が狭くなりそうです。この低気圧に向かって南から湿った空気が流れ込み、雨も降りやすいでしょう。特に日曜日(15日)の午前中は雨脚が強まって横なぐりに降り、春の嵐となりそうです。屋外でのレジャーを予定されている方には、あいにくの空模様になりそう。最新の予報を確認して、場合によっては計画の練り直しも検討してみてください。