11日(水)は北海道や東北の日本海側、北陸を中心に荒れた天気。春の嵐の後は関東から九州で夏日になる所がありそうです。週末は全国的に雨が降り、湿度も高めでしょう。

●あすの天気

本州付近は高気圧に覆われる見込みです。
沖縄は日中は晴れるでしょう。夜は雲が多くなりそうです。九州、四国、中国地方、近畿、東海、関東、北陸も朝晩は雲が広がる所がありますが、大体晴れる見込みです。紫外線が強まってきていますので、外出の際は日傘をさすなど対策をするとよさそうです。東北も日差しがたっぷり届く見込みです。夕方からは南部で雲が多くなるでしょう。北海道は太平洋側やオホーツク海側で明け方まで雪や雨が降る所がありますが、日中は各地とも晴れる見込みです。
夜は日本海に進む低気圧の影響で、本州付近の等圧線の間隔が狭くなります。日本海側は次第に南よりの風が強まるでしょう。
沖縄から近畿付近は、上空およそ1500メートルで晴れると地上の気温が20度を超える目安となる6度以上の暖かい空気に覆われます。最高気温は、沖縄、九州、四国、中国地方、近畿は4月下旬から5月上旬並みとなり、昼間は薄着で過ごせそうです。東海、北陸、関東、東北は平年並みかやや高く、北海道も4月中旬から下旬並みの所が多いでしょう。

●あさって以降の週間天気

11日(水)は低気圧が日本海を発達しながら北東へ進み、低気圧から延びる前線が北海道や本州を通過する見込みです。全国的に雲が広がるでしょう。南風が吹き、北海道や東北の日本海側、北陸を中心に荒れた天気になるおそれがあります。また、北陸や関東から九州では最高気温が20度を超える所が多いでしょう。
前線の通過後は大陸から高気圧が張り出してくる見込みです。12日(木)から13日(金)頃は沖縄や九州から関東は晴れ間が広がり、最高気温は25度以上の夏日になる所もでてきそうです。一方、寒気が流れ込む東北や北海道の日本海側は雨や雪が降る所があり、最高気温は平年並みでしょう。
週末は低気圧や前線の影響で全国的に雨。15日(日)は多くの所で湿度が70%を超えるでしょう。