2月15日(月)よりKDDI「音のVR」にて「カノン」「ボレロ」など、耳馴染みのあるクラッシック楽曲を配信

 KDDIとKDDI総合研究所は、新型コロナウイルス感染症の影響で、コンサートやイベント実施の制限が続くなか、十分な活動や表現ができない音楽関係者の新しい挑戦や課題解決をサポートするために、5G時代の新しい通信技術「音のVR」を活用した新しい音楽鑑賞体験を提案しています。
今回、新日本フィルハーモニー交響楽団とともに、スマートフォンで楽しめる新たなクラシック鑑賞体験として、オーケストラの楽器の音色に近寄れる360度動画のアンサンブルを、「新音楽視聴体験 音のVR」アプリ(以下 本アプリ)にて、2021年2月15日(月)より配信します。

※音のVRウェブサイトhttps://time-space.kddi.com/otonovr/

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102120981-O17-7qQaLZiP

 KDDI総合研究所が開発した「音のVR」は、360度動画の見たい・聴きたい部分に自由自在にフォーカスできるインタラクティブ視聴技術です。最大360度8Kビデオ・360度3Dオーディオから、空間的に自然な広がりと定位を持つ、任意の範囲の音場をリアルタイムに合成、再生します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102120981-O15-4cGS1pU1
 コロナ禍における新しい音楽鑑賞の提案として、新日本フィルハーモニー交響楽団とともに企画。新日本フィルハーモニー交響楽団のフランチャイズホールである「すみだトリフォニーホール」にて、「カノン」「ボレロ」「天国と地獄よりカンカン」など、多くの人に耳馴染みのあるクラッシック楽曲を配信します。視聴者は本アプリを利用して、まるでコンサートホールの舞台上や客席を自由自在に移動し、自分だけの特等席で鑑賞しているような疑似体験が可能です。また、「音のVR」独自の機能として、楽器の音色にフォーカスすることができ、「オーケストラの楽器の音色を知る」今までにない音楽鑑賞を体験できます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102120981-O7-hr018eEd
 
 今回の取り組みにあたり、新日本フィルハーモニー交響楽団 事業部長の貝原 正三は、次のように述べています。

新日本フィルハーモニー交響楽団 事業部長 貝原 正三
「コロナの影響でこうして演奏する機会は、まだ自主公演の定期演奏会に限られます。ですが、そんななかでも『音のVR』のような取り組みをきっかけに、とくに若いみなさんに音楽を好きになってもらえればと思います。有名なクラシック曲を楽しみながら体験されたら、ぜひコンサートホールで生で聴いてみてください。100人のオーケストラのアンサンブルは、すごい迫力です。きっと感動してもらえると思います」

 そして、「音のVR」を開発した、KDDI総合研究所 イノベーションセンター マルチモーダルコミュニケーショングループの堀内 俊治は、次のように述べています。

「この度、新日本フィルハーモニー交響楽団さまの素晴らしい演奏を『音のVR』でお届けできることに、制作チーム一同、大変光栄に思います。オーケストラのすべての音色に加え、弦楽器の弦やバチを弾く音や管楽器のピストンを押す音など、それぞれの楽器の操作音も生々しく聴こえます。そこもあわせて新しい音楽鑑賞スタイルで楽しんでいただければ幸いです。今後も、五感技術や通信技術を活用し、お客さまに寄り添った新しい体験価値を生み出していきたいと考えています。」

 KDDIグループは、"社会の持続的な成長に貢献する会社"として、「KDDI Sustainable Action」の「心をつなぐ ~健康・生きがいづくり~」に基づき、SDGsの取り組みを加速させ、お客さまや社会とともに持続的な成長・発展を目指していきます。

 
※配信コンテンツについて
以下の5曲を配信します。「新音楽視聴体験 音のVR」アプリをApp Storeからダウンロードのうえ、ご視聴できます。

1.弦楽五重奏      パッヘルベル作曲「カノン」より
2.木管五重奏      ハイドン作曲「ディベルティメント 変ロ長調 1、2楽章」
3.金管五重奏      オッフェンバック作曲「天国と地獄」よりカンカン
4.パーカッション    アクトン・オストリン作曲「パーカッション組曲」
5.管弦楽アンサンブル  ラベル作曲「ボレロ」より

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102120981-O14-E1tHF6zo

(参考)
■新日本フィルハーモニー交響楽団
1972年、指揮者・小澤征爾のもと楽員による自主運営のオーケストラとして創立。以来、優れた企画と充実した演奏で好評を得てきており、常に新しい音楽性を探求する日本のオーケストラです。
新日本フィルハーモニー交響楽団https://www.njp.or.jp/
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102120981-O16-s8s1pFU5

■これまでの「音のVR」の取り組み

2020年12月7日
KDDIと日本の伝統芸能を支える「国立劇場」が新たな文化発信に挑戦!1000年の歴史を持つ日本の伝統音楽「雅楽」と「オーケストラ」の共演による世界初の音と映像で近づける360度アンサンブル

2020年10月22日
30周年を迎えるZARDのライブ体験が時間と空間を超えて「音のVR」のバーチャルライブで実現

2020年8月18日
夏のおうち時間にこども達の笑顔を!キッザニア初のオンラインコンサートを「音のVR」で配信開始

2020年7月28日
100名超の中高生と東京混声合唱団がリモート合唱で全国の合唱部にエール!「音のVR」を活用し「NHK全国学校音楽コンクール課題曲」を7月31日にライブ配信

2020年6月8日
119名のミュージシャンがリモート演奏!新日本フィルハーモニー交響楽団と東京混声合唱団が共演したバーチャルコンサートを「音のVR」で配信

2020年3月17日
聴きたい歌声にズームインできる「音のVR」で卒業生に合唱体験の思い出を!定番卒業ソング「旅立ちの日に」など5曲を配信開始

2018年5月31日
推しメンの声が際立つ!モーニング娘。‘18、アンジュルムとコラボした新音楽視聴体験コンテンツ「au 音のVR」アプリを配信開始

以 上

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「新日本フィルハーモニー交響楽団×音のVR、スマートフォンで楽器の音色を知るニューノーマル時代の音楽鑑賞