No. 2021-12
発行:2021年2月 9日
米国工場のタイヤ生産能力を増強
~好調な北米市場での需要に対応~

 住友ゴム工業㈱(社長:山本悟)は、米国工場における乗用車・ライトトラック用タイヤの生産能力を、現在の日産6,500本から2023年末までに日産12,000本に増強することを決定しました。投資額は9,600万ドル(約101億円*)を計画しています。増産により、北米市場におけるSUV、ライトトラック用タイヤの好調な販売に対応します。併せて、順調に販売を伸ばしているトラック・バス用タイヤの生産能力も、2,600万ドル(約27億円*)を投資し、現在の日産1,750本を2024年末までに日産2,300本に増強します。生産増強、生産性向上のための総投資額は1億2,200万ドル(約128億円*)となる計画です。

 新型コロナウイルス感染症の拡大により落ち込んだタイヤの世界需要がコロナ前の水準まで回復するのは2022年以降になると見込まれますが、当社はFALKENブランドの「WILDPEAK(ワイルドピーク)」シリーズを中心とする高機能タイヤで北米市場での販売を着実に伸ばしています。この好調な販売に対応するため、また、米国工場の生産性改善が進んだことから増産投資を決定しました。現地生産を強化し、販売リードタイムを短縮することで、更なる拡販につなげてまいります。

 米国工場での生産増強に加え、タイと宮崎の工場でも既存設備をSUV、ライトトラック用生産設備に置換します。タイ工場では2023年までに日産4,150本、宮崎工場では2024年までに日産1,600本の生産置換を行うことで、北米販売拡大をサポートします。両拠点への総投資額は108億円を計画しています。
当社は中期計画の柱の一つとして高機能商品の開発・増販を掲げており、今回の生産能力増強により、その取り組みを一層加速してまいります。
*1ドル=105円で換算
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102080788-O4-TI32t3K8


<米国工場概要>
会 社 名:Sumitomo Rubber USA, LLC
所 在 地:米国ニューヨーク州トナワンダ
代表者名:伊井康高(CEO)
操業開始:1923年
事業内容:乗用車・ライトトラック用、トラック・バス用、モーターサイクル用タイヤの製造
生産能力:3,150トン/月(2020年12月末、新ゴム消費量)
従業員数:1,340名(2020年12月末)

■ご参考
<タイ工場概要>
会 社 名:Sumitomo Rubber (Thailand) Co., Ltd.
所 在 地:タイ国ラヨーン県アマタシティ工業団地
代表者名:齋藤健司(社長) 
操業開始:2006年
事業内容:乗用車用タイヤ、農機・産業車両用タイヤ、モーターサイクル用タイヤの製造・販売
生産能力:15,700トン/月(2020年12月末、新ゴム消費量)
従業員数:7,100名(2020年12月末)

<宮崎工場>
会 社 名:住友ゴム工業㈱ 宮崎工場
所 在 地:宮崎県都城市
代表者名:安井一男(工場長)
操業開始:1976年
事業内容:乗用車用、トラック・バス用タイヤの製造
生産能力:9,350トン/月(2020年12月末、新ゴム消費量)
従業員数:1,455名(2020年12月末)

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「米国工場のタイヤ生産能力を増強 ~好調な北米市場での需要に対応~