スキーをしなくても楽しめる 新しいスキー場の楽しみ方を提案

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102080776-O3-3G5A2HB4
今こそ、地元新潟の魅力を再発掘! 「にいがた県民プラン」でオトクに楽しむ進化系スノーリゾート

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102080776-O1-Rn0Qr7s0】 
 日本有数の豪雪地帯の新潟県湯沢エリアに2つの施設、湯沢高原スキー場(南魚沼郡湯沢町大字湯沢490)と石打丸山スキー場(南魚沼市石打1655)を構えるアルピナリゾーツでは、Withコロナの状況下で需要の高まる「安・近・短」を備え、幅広い方が気軽に楽しめる「進化系スノーリゾート」を新潟県民に向けて提案する。
 屋外でプライベート空間を保ちながら休日を過ごせる「雪山」。その雪山レジャーの代表格と言えばスキーではあるが、県内に50以上のスキー場があり、雪に慣れているはずの新潟県民であってもスキー実施経験は県民の約1割強(県民の意識・満足度アンケート令和元年11月)に留まる。
 その要因としては、夏のレジャーの代表格である「海」は泳ぐだけではなくノンアクティブなコンテンツも充実しているのに対し、冬の「雪山」は雪に慣れていない方にはハードルの高いものとなっており、スキーをしない方には雪化粧をした山々の絶景や、雪国ならではの食、天然雪の魅力は地元にいながらも体験できる機会が少なかった。
 アルピナリゾーツでは、スキー場の屋外という特性を活かしながら、雪に慣れていない方でも手軽に快適に雪山を過ごせるよう「スノードーム」や「フード付きエスカレーター」といった設備を導入し、ノンアクティブな方でも新潟の雪の魅力を体験できる「進化系スノーリゾート」を展開する。さらに、遠方へ行きづらWithコロナの状況下だからこそ、地元新潟の魅力を県民の皆様に再認識していただけるよう「にいがた県民プラン」として新潟県民限定でオトクに体験できるプランを販売開始した(※販売はオンライン事前販売のみ)。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102080776-O4-EgbsbM11

 JR越後湯沢駅から徒歩で約10分、越後湯沢温泉街に直結する抜群のアクセスで雪山を楽しめる湯沢高原スキー場。温泉街から思い立ったらすぐに100mのフード付きスノーエスカレータで長靴のままスノーアクティビティを楽しめる。
 また、山頂エリアにもスノーランドを備え、世界最大級166 人乗りロープウェイで絶景の空中散歩を楽しむと、わずか7 分で標高約1000m の白銀の世界へ降り立つことができる。 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102080776-O5-SbRNai7z】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102080776-O6-4b7116kV】 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102080776-O9-GE91raG5】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102080776-O10-4Kn1968A

湯沢高原スキー場 新潟県民割プラン
【スノーエクスペリエンス券(ロープウェイとスノーランド)】 大人 2,200円(通常3,000円) 子供 1,500円(通常2,000円) 【バリューパック(オールエリア1日券+レンタルスキー・ボードセット+1,000円食事券)】 大人 7,200円(通常9,900円) 子供 5,500円(通常7,500円)

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102080776-O11-BpvjWp08
  
【動画:https://www.youtube.com/watch?v=ssvGR_A5WNk

 石打丸山スキー場にこの冬登場した「スノーガーデン」エリアは、魚沼平野と越後三山を望む大パノラマのロケーションの中、大自然との一体感と快適性を両立させた「ドームテント」と「スノーテラス」で手軽に雪上グランピングを楽しめる新施設。また、ワイルドで可愛い「雪山のパンケーキ」を提供するカフェスペースや、アクティビティエリアも備え、誰もが楽しめる複合エリアとなっている。【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102080776-O13-V6C6cXEy】【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102080776-O17-8t7xOsJr
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102080776-O14-cTyFasbU】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102080776-O15-A9IELd0X】【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102080776-O12-539I8hFy

 
石打丸山スキー場 にいがた県民割プラン
【平日スノーガーデンセット(ゴンドラ往復券+スノーガーデン入場券)】 大人2,500円(通常3,000円) ジュニア1,500円(通常2,000円) 【平日1日券(1日券+レンタル1,000円割引券)】 大人4,000円(通常5,300円) 学生3,600円(通常5,300円) ジュニア2,500円(通常3,500円) シニア3,600円(通常4,500円)

【湯沢高原スキー場に関するお問い合わせ先】
湯沢高原株式会社 〒949-6101 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢490 
TEL:025-784-3326 MAIL:info@yuzawakogen.com 担当:営業課 栗林鎌光・広瀬栄志

【石打丸山スキー場に関するお問い合わせ先】
アルピナBI株式会社 〒949-6372 新潟県南魚沼市石打1655 
TEL:025-783-2222 MAIL:katsumata@ishiuchimaruyama.com 担当:営業企画部 勝又

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「今こそ、地元新潟の魅力を再発掘!「にいがた県民プラン」でオトクに楽しむ「進化系スノーリゾート」