2020年11月6日

日本製粉株式会社

財務情報を充実させ「CSR報告書」から変更
「ニップンレポート2020」を発行

 日本製粉(株) (代表取締役社長:前鶴俊哉 本店:東京都千代田区)は、「ニップンレポート2020」を発行いたしました。

 当社は、これまで「CSR報告書」を発行し、当社グループのCSR活動を中心にお伝えしてまいりました。本年は非財務情報だけではなく、ESG投資家や機関投資家に対する昨今のIR活動の重要性の高まりを鑑み、これまで以上に財務情報を充実させました。また、あわせて名称を「ニップンレポート」に変更いたしました。
 「Web版」には、当社グループのより詳細で広範囲にわたる情報やデータを紹介する一方で、「冊子版」をダイジェストと位置づけ、より知っていただきたい情報を中心に簡潔にまとめています。
 「Web版」「冊子版」ともに、冒頭で財務情報を記載し、非財務情報については、「E(環境)」「S(社会)」「G(ガバナンス)」の視点で整理しています。
 「冊子版」には環境に配慮しFSC認証紙やVOCフリーインキ等を使用しているほか、読みやすさにも配慮しユニバーサルデザインフォントを使用しています。
 当社は、社会のよき一員としての責任を果たせるよう、今後もステークホルダーの皆さまに対して的確なご報告を行ってまいります。


【「ニップンレポート2020」概要】
■対象期間 : 2019年4月~2020年3月(一部2020年度の情報も含みます)
■発行 : 2020年11月
■本レポートは、当社Webサイトでもご覧いただけます
https://www.nippn.co.jp/csr/report/index.html

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「「ニップンレポート2020」を発行