~コールドチェーン物流の拡充により更なる食の安全の確保へ~

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011026543-O2-8z261wGd
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011026543-O3-Faqvhj19

 

2020年11月2日

各位

JA三井リース株式会社

スターフェスティバル株式会社

 

 JA三井リース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:古谷周三、 以下「JA三井リース」)と、スターフェスティバル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岸田祐介、以下「スターフェスティバル」)は、共同でスタロジリース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:杉田剛、以下「スタロジリース」)を設立し、冷凍冷蔵車リース事業(コネクテッドカーリース™)を開始しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011026543-O5-t71kO7Cu



 

1.合弁会社設立の背景

 

JA三井リースは、「Real Challenge, Real Change」を経営理念に掲げ、お客様の思い描くビジネスの将来の実現へ向け、新領域に挑戦しております。本年6月に発表した中期経営計画「Real Change 2025」においてモビリティ関連事業への進出を重点施策の1つに位置付けております。

スターフェスティバルは、「ごちそうで 人々を より 幸せに」を企業理念に掲げ、飲食店・レストランの中食ビジネス参入支援およびフードデリバリー事業を展開しております。

JA三井リースとスターフェスティバルは、2020年1月に資本業務提携を行い、JA三井リースグループが有するリース・ファイナンス分野に関するノウハウと、スターフェスティバルが有するフードデリバリーに関するノウハウを掛け合わせることで、多様な物流ニーズに合わせたソリューションを提供することを目指し、戦略的パートナーとして新事業を検討してまいりました。

 

2.合弁会社設立の目的

 

昨今の物流業界では、ネット通販の急増等によりドライバーの需要が拡大する一方で、配送員の高齢化や人手不足が深刻化しています。中でも食品物流においては、地球温暖化の影響により増加する猛暑日での安心・安全な食品配送への関心が高まっております。

スターフェスティバルでは、軽貨物車両の空き時間・スペースをシェアリングする物流サービス「スタロジ」事業により、ドライバー不足へ対応してまいりましたが、昨今の冷凍・冷蔵配送ニーズの高まりを受け、更なる食の安全の維持・確保を目的に、従来のクーラーボックスを活用した食品配送に加え、冷凍冷蔵車両による配送事業を展開することといたしました。

当該事業を加速させるべく、JA三井リースとスターフェスティバルは、共同で「スタロジリース株式会社」を設立し、「スタロジ」専用の冷凍冷蔵車両を提携配送事業者向けにリース(コネクテッドカーリース™)を提供いたします。お客様・配送パートナー各社様双方にとってより利便性の高いサービスを目指し、GPSを利用したオンデマンド配送機能も開発中です。数年内には2000台規模の運営体制実現により、物流業界が抱える課題の解決に貢献してまいります。


3.合弁会社の概要

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M103460/202011026543/_prw_PT1fl_ERInoSpC.png

 

 

4.JA三井リースの概要

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M103460/202011026543/_prw_PT2fl_55B6Y4er.png

 

5.スターフェスティバルの概要

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M103460/202011026543/_prw_PT3fl_wE6wV607.png

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011026543-O6-NMJbmUo8

 

【本件に関するお問い合わせ先】

JA三井リース株式会社      経営企画部 広報IR室 電話:03-6775-3002

スターフェスティバル株式会社 広報             電話:03-5447-5431 

以上

 

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「JA三井リースとスターフェスティバル、冷凍冷蔵車リース事業を行う合弁会社を設立