コロナ後の世界を見据えたクリエイティブでOOHの価値を再認識させる

2020年9月4日
株式会社 LIVE BOARD

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009043915-O8-240E09NO

 

 株式会社LIVE BOARD(以下、LIVE BOARD)は、OOH※1のグローバル業界団体World OOH Organization(以下、WOO)※2が主催する「#OurSecondChance」キャンペーンへの協力として、2020年8月20日からLIVE BOARDが所有するデジタルOOHの配信枠の提供を開始しました。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009043915-O6-85a6y8yT

デジタルOOHの配信枠にてキャンペーンのクリエイティブを展開

 

■展開しているクリエイティブ 一例

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009043915-O3-G7BnrBi9

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009043915-O2-rzI6aU8m

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009043915-O4-75HF5b9l

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009043915-O1-PejZ5gyr

 「#OurSecondChance」キャンペーンは、OOH媒体が真にグローバルで強力な媒体であることを改めて社会に浸透させることを目的として、WOOが全世界のOOH媒体社に賛同を呼びかけているものです。新型コロナウィルスが蔓延する一方、一面では人々の考え方や習慣がいい方向に変わってきたことを捉え、「Our Second Chance = やり直すならいい方向で」をスローガンに、改めて人々に価値観や習慣を問い直すクリエイティブを展開しています。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009043915-O7-qTA0g1Qp

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009043915-O5-2EZ1P73R

 本キャンペーンは2020年7月にスタートし、クリエイティブは8カ国語に翻訳され、世界各国のOOH媒体社が協力に応じています。LIVE BOARDは、LIVE BOARDが所有するデジタルOOHの配信枠を使用し、日本語版のクリエイティブを展開しています。

 

※1 OOHは、交通広告や屋外広告など、家庭以外の場所で接触する広告媒体の総称。 デジタルOOHは、交通広告、屋外広告およびリテールショップなどに設置されたデジタルサイネージを活用した広告媒体を指す。

※2 OOH業界の促進と改善に取り組んでいる世界的団体。(https://www.worldooh.org/)

 

【会社概要】

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105808/202009043915/_prw_OT1fl_e4OS2rXF.png

 

 

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「世界のOOH業界が協同してOOHの媒体価値をアピールする キャンペーンにLIVE BOARDが協力