~便利な市街地中心に位置する、日本人駐在員向けの高級感ある38階建タワー物件~

 JALUXグループのタイ現地法人JRE Development Co., Ltd. (所在地:タイ バンコク 代表取締役社長:樋口昌志 以下JRE)は、2020年9月1日より、タイ王国チョンブリ県シラチャ郡にて、新たにサービス付きコンドミニアム*「KEEN CENTRE SRIRACHA by L’axe (キーン センター シラチャ バイ ラグゼ)」(URL:https://keen-laxe.com/)の運営を開始します。

 

 JREは2017年3月に日本人駐在ファミリー向けのサービス付きアパートメント「L’axe Sriracha(ラグゼ・シラチャ)」を自社で開発し、運営してまいりました。オープンから3年が経ち、「L’axe」ブランドは、施設の品質やセキュリティ、丁寧なサポートによる安心感など、多くのお客さまにご好評いただいています。

 

 この度新たに、シラチャ市街の中心地に位置する38階建てのタワーコンドミニアム(分譲マンション)「KEEN」の23階以上の計5フロア(113室)を、現地のディベロッパーGOLDSHINE社から受託し、「L’axe」ブランドのサービス付きコンドミニアムとして運営します。通常、駐在員の方がコンドミニアムを借りる際、各種サービスメニューは含まれない場合が多く、入居者ご自身がさまざまな手配をしなければなりません。そこで、コンドミニアムに「ラグゼ」のサービスを付加することで、プール・フィットネス・大浴場など共用施設や部屋の設備というハード面のクオリティに加えて、家具・家電、メイドサービス、設備不具合対応、専用コンシェルジュデスクなど、ソフト面の安心感と便利さを兼ね備えました。駐在員の皆さまに、より快適で充実した生活をご提供いたします。

 

*サービス付きコンドミニアム

 タイにおける「コンドミニアム」は、日本の分譲マンションに該当し、自己使用よりも、投資目的で購入されることが多い。「サービス付きコンドミニアム」は、コンドミニアムの賃貸借契約の中に、家具・家電、インターネット、メイドサービスなど、駐在員向けのサービスをパッケージとして提供するもの。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008283611-O4-m09GucBI】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008283611-O5-0N6Fk7xh】 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008283611-O6-xl084Tzf】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008283611-O7-zpL2AHCa

画像(左から時計回りに)

建物外観、室内(一例)、屋上インフィニティプール、専用コンシェルジュデスク

 

 

【物件概要】

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M000368/202008283611/_prw_PT1fl_L31GF1Vu.png

 

【現地法人について】

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M000368/202008283611/_prw_PT2fl_i6i3C8rs.png

 

JALUXグループは「幸せづくりのパートナー~人に社会に環境に、もっと豊かな輝きを~」の企業理念の下、海外での不動産事業を通じて、多くの皆さまに快適な「住」のスタイルを提供してまいります。

 

この件に関するお問い合わせ先 

JRE Development Co., Ltd.

Tel: +66(0) 63-214-2408 

Email:keen@jalux.com

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「タイシラチャのサービス付きコンドミニアム「KEEN CENTRE SRIRACHA by L’axe」運営開始