副賞に福井県の織物技術でつくったシルクマスクを贈呈します

2020年8月26日
小杉織物株式会社

 浴衣帯製造で国内シェア90%を占める小杉織物株式会社(福井県坂井市、小杉秀則代表取締役社長)(以下、当社)は、8月29日に9.98スタジアム(福井県営陸上競技場)で開催される「Athlete Night Games in FUKUI(アスリートナイトゲームズインフクイ)-FUKUI 9.98CUP-」(以下、ANG2020)に協賛することが決まりましたので、お知らせいたします。9.98CUPの出場選手全員に当社製オリジナルスポーツマスクを提供するほか、上位入賞者の副賞として、当社の夏用涼やか絹マスク等シルクマスク商品を贈呈いたします。

 ANG2020は、ヨーロッパ各国で人気を集めるナイター陸上のような選手も観客も楽しめるライブのようなエンターテインメントイベントを日本にも根付かせようと昨年に第1回大会が開かれました。トップアスリートたちが日本新記録を連発、クラウドファンディングで募った資金を上位選手への報奨金(競技活動資金援助)に充てたことで、大きな話題となりました。今年は新型コロナウイルスの影響で中止の恐れもありましたが、多くの関係者のご尽力で開催が決定いたしました。「最後まで諦めない」「陸上競技の灯を消さない」関係者の強い想いに敬意を表します。

 当社も、新型コロナウイルスの影響で、本業の浴衣帯の受注が前年の5%程度にまで落ち込む中、浴衣帯製造の技術を活用した「夏用涼やか絹マスク」をはじめとしたシルクマスク製造を手掛け、和装文化の継承のためにも社員一丸となって諦めず取り組んでまいりました。藤井聡太二冠がタイトル戦時に「夏用涼やか絹マスク」を着用されたという話題が各報道機関にも大きく取り上げていただきました。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008253427-O1-sBfcH5SQ

 
 福井から陸上界に新しい風を吹かせるANG2020の取り組みに、当社の思いも重ね合わせ、今回協賛させていただくこととなりました。ANG2020に出場するトップアスリート全員に、当社が開発したスポーツマスクに「FUKUI 9.98CUP 2020」のロゴをあしらった特別バージョンを提供します。当社スポーツマスクは運動時にも着用いただけるよう工夫しております。



【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008253427-O2-bNeFa1zX

 また、男女100メートル、男子200メートル、女子100メートル障害、男子110メートル障害、男子走幅跳の上位成績3選手に、副賞として「夏用涼やか絹マスク」など当社シルクマスクセットを贈呈いたします。プレゼンターとして当社代表の小杉秀則も出席する予定です。

 今回の協賛が、福井の繊維産業のアピールにつながるとともに、トップアスリートの方々が安心・安全に生活できる一助となれば幸いです。

■小杉織物株式会社について
 当社は昭和12年の創業以来、「ほかのどの企業にもまねの出来ない質の高い独創的な商品を作ること」「どこよりも早く、お客様の要望に応えられる商品開発力をつけること」「ほかのどの企業よりも、効率的な生産体制をつくること」等に力を入れることで、浴衣帯製造分野でナンバーワンの座を獲得しております。4月からは、当社の織物技術を駆使した「洗える絹マスク」の製造、販売を開始しました。

■会社概要
社名 小杉織物株式会社
住所 〒910-0303  福井県坂井市丸岡町猪爪5-3-1
電話番号 0776-66-0255
創業 昭和12年
創立 昭和39年1月6日
資本金 1,000万円
代表者 小杉 秀則
従業員数 115人
事業内容 帯の企画製造(浴衣帯・着物帯・男性用角帯・伊達締め等)
売上高 17億円(グループ全体)
織機 65台
製経機 8台

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「涼やか絹マスクの小杉織物、8/29開催「Athlete Night Games in FUKUI-FUKUI 9.98CUP-」に協賛